JoJo / シャープなボーカルが硬派なR&B/ポップシンガー

JoJoPop
Pocket

バルチモア出身で13歳からシンガー、女優活動を続けるJoanna Noëlle Levesque(ジョアン・ノエル・レベスク)のステージネーム、 JoJo (ジョジョ)。

幼いころから地元のコンクールなどで歌っていた彼女はテレビ番組に出たのをきっかけにプロデューサーのヴィンセント・ハーバートに発掘され13歳の時にセルフタイトルのデビューアルバム『JoJo』をリリース。

そのアルバムから「Leave (Get Out)」が全米12位、ポップチャート1位となり、アルバムは400万枚以上のセールスといきなりブレイク。次作のセカンド・アルバム『The High Road』からもシングル「Too Little Too Late」が全米3位と人気シンガーとしての地位を固め、その後もシンガーとしてだけでなく、女優としても2006年『愛しのアクアマリン』、ロビン・ウィリアムス主演のコメディ『RV』やアメリカの数々のテレビドラマに出演し人気を得ています。

レーベルとのトラブルもあり、シンガー活動が一時ストップしていましたが、2016年に10年ぶりのフルアルバム『Mad Love』をリリース、そして2020年には『Good To Know』がリリースされています。

その時代のトレンドを反映したR&Bサウンドにパワフルでシャープな歌声は、同じようなR&B系サウンドによるポップシンガーと比較して、彼女自身のキャラクターも含めてあまりポップさを前面に出さず硬派な印象を受けますね。Pitchfork、Rolling Stoneなど音楽専門サイトからの評価も高いのも頷けます。

それでは2020年アルバム『Good To Know』を中心にレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

JoJo : レビュー

Man

ギターを基調としたミッドテンポチューンで、どことなくKiana Ledeの曲『EX』に似てますね。MVにはアリ・レノックスティナーシェがカメオ出演しています。

JoJo – Man [Official Music Video]

 

What U Need

ダンサブルでキャッチーな90年代っぽい作りで万人受けするR&Bポップ。キレキレダンスですね。うーん。。。

JoJo – What U Need [Official Music Video]

 

Comeback feat. Tory Lanez & 30 Roc

このアルバムのおそらくハイライトとなるであろうカナダのラッパーTory Lanesと、MigosCardi Bらの楽曲も手掛けるソングライター、30 Rocを迎えてのセクシーなミディアムテンポ。Tory Lanesがトラブル起こしているので(Megan Thee Stallionへの銃撃逮捕、ミーガンは軽傷)ミソついちゃいましたね。

JoJo -Comeback (feat. Tory Lanez & 30 Roc) [Official Music Video]

 

Sabotage (feat. CHIKA) 

2019年の単体シングル。ダークなベースラインとシャープなJoJoのボーカルがマッチする、JoJoらしいR&Bサウンドで個人的に好きな曲。途中のラッパー、Chikaも絶妙なエッセンス。

JoJo – Sabotage (feat. CHIKA) [Official Music Video]

 

PJ Morton feat. JoJo – Say So

PJ Morton先生に導かれてのバレンタイン・ラブソング第62回グラミー賞Best R&B Song』を受賞!

PJ Morton feat. JoJo – Say So – Official Music Video

 

Leave (Get Out)

デビューアルバムからの大ヒット曲、レーベル移籍トラブルにから(おそらく)版権取り戻しての2018年リイシュー。当時13歳とは思えないしっかりとしたボーカルがJoJoらしいR&B/ポップ。

JoJo – Leave (Get Out) (2018) [Official Audio]

 

まとめ

シャープなボーカルが硬派なR&B/ポップシンガー、JoJo(ジョジョ)でした。これからも硬派路線を貫いてほしいですね。ダンスなんかしなくていいんです。硬派でいきましょう。