P.J.Morton / 安定のマルチソウルミュージックプレイヤー

P.J.MortonR&B
Pocket

ニューオーリンズ出身のシンガーソングライター、プロデューサー、Paul Morton Jr.のステージネーム、 P.J.Morton (PJモートン)。

2005年インディより『Emotions』でデビューし、2013年メジャーフルアルバム『New Orleans』をリリース。

ソロでの活動と並行し、スーパーポップバンド、Maroon5(マルーン5)のキーボーディストとしてメンバー参加したり、Musiq SoulchildIndia.ArieRobert Glasperなどへの楽曲提供やプロデュースもこなすマルチな才能。

スティービー・ワンダーを彷彿とさせるような、オーセンティックで豊穣な歌声によるソウルミュージックが魅力で、これまでに数々のアルバム、作品を残してきており、メジャーデビューから7年ほどしか経っていないにもかかわらず、その楽曲の”落ち着き”さも相まって2~30年のキャリアがあるような錯覚に陥るのは自分だけでしょうか。

Maroon5メンバーとして、そして自身ソロとしても毎年のようにグラミーノミネートされているところもそう感じるところなのかもしれませんね。

2020年8月には『Gospel According to PJ』という、彼の生まれ育ったニューオーリンズでのルーツともいえる、文字通りゴスペルシンガーたちをフィーチャーしたリモートレコーディングセッションアルバムをリリースしています。今年2月にリリースした『The Piano Album』ではJoJoAlex Isleyなどとセッションしていましたが、それに続く多くのボーカルゲストを迎えたセッションアルバムということで、このあたりの作りも大御所感というか、むしろレジェンドみたいな雰囲気をすでに醸し出しています。

2022年4月には『Watch The Sun』、未発表の”If It Wasn’t For You“と”The Better Benediction“のバージョン追加および各曲インストを追加した『Watch The Sun(Deluxe)』を2022年10月にリリースしています。

そんなPJモートンの新作およびおススメ曲をレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

P.J.Morton : レビュー

パート1の男性ゴスペルシンガーに続き、パート2では5名の見た目からして絶対歌巧いでしょ、的な実力派女性ゴスペルシンガーが出演する迫力たっぷり本場アメリカンゴスペルの世界!

PJ Morton – The Better Benediction Pt. 2 (Official Video)

パート1はこちら。みんな優しそう。

PJ Morton – The Better Benediction (Official Video)

 

Watch The Sun』より、モートンの感傷的なボーカルパフォーマンスに貫禄さえ感じるよるしっとりとしたラブソング。

PJ Morton – Please Don't Walk Away (Official Video)

 

スティーヴィーとの再共演にナズを交えてのブルース・リーの名言「コントロールできないものを変えることはできな=Be Like Water」をタイトルにしたメッセージソング。

PJ Morton feat. Stevie Wonder & Nas – Be Like Water (Official Video)

 

So In Love (feat. Darrel ‘MusiqCity’ Walls & Zacardi Cortez)

Gospel According to PJ』より。

レゲエリズムを取り入れた、アメリカ南部っぽさを感じさせてくれるおおらかで膨よかなゴスペルソウル。

PJ Morton feat. Darrel 'MusiqCity Walls x Zacardi Cortez – So In Love – Official Video

 

Gotta Have You (feat. Kirk Franklin, Jermaine Dolly & Lena Byrd Miles)

アーバン・コンテンポラリー・ゴスペルの雄、Kirk Franklin(カーク・フランクリン)をフィーチャーしたハレルヤゴスペル・ポップ。

Gotta Have You (feat. Kirk Franklin, Jermaine Dolly & Lena Byrd Miles)

 

 

Only One ft. Stevie Wonder

2013年『New Orleans』より、スティービーワンダー(ハーモニカ)をフィーチャーしたソロとしてのグラミー初ノミネート作品。

PJ Morton – Only One ft. Stevie Wonder

 

Always Be

2013年『New Orleans』より、スティービー・ワンダーを現代にアップデートしたような豊穣な歌声と優しいメロディラインが素晴らしい。

Always Be

 

BUILT FOR LOVE (feat. Jazmine Sullivan)

2019年『PAUL』より、フィラデルフィアのR&BシンガーJazmine Sullivan(ジャズミン・サリヴァン)をフィーチャーした、ザ・PJモートン!といった暖かみのあるソウルミュージック。

PJ Morton – BUILT FOR LOVE (feat. Jazmine Sullivan) (Audio)

 

Ledisi – Anything For You (feat. PJ Morton)

Ledisi(レディシー)の2020年新作『The Wild Card』より、ど真ん中なハートウォーミングソウルデュエット。

Ledisi – Anything For You (feat. PJ Morton) [The Duet]

 

 Maroon 5 – Payphone feat. Wiz Khalifa

マルーン5の大ヒット作のひとつ、『Overexposed』以降PJモートンが参加しています。

Payphone

 

まとめ

安定のマルチソウルミュージックプレイヤー、P.J.Morton(PJモートン)でした。

70年代ソウルを現代に正統派アップデートした楽曲は、時代を問わずいつも傍らにそっと忍ばせておきたくなる昔ながらの味わい、だけど古いわけじゃない老舗の料理のよう。その店の主人が裏で今流行りの人気レストランのシェフもやってる、みたいな、そんな感じですね。よくわからなくてスミマセン。