Alex Isley / アイズレー・ブラザースの血を引く実力派シンガー

alex isleyR&B
Alex Isley's "Gone" perfects the art of subtle, fear-inducing seduction.
Pocket

ロサンゼルス出身のR&Bシンガー、ソングライター、プロデューサーの Alex Isley (アレックス・アイズレー)。

母方の祖母はオペラ歌手、父親はギタリストのErnie Isley(アーニー・アイズレー)、父含む伯父たちはかのレジェンドソウルグループ、アイズレー・ブラザース

12歳のときにクラシックボーカルトレーニングを開始し、高校と大学でジャズの理論を学び、UCLAではジャズ研究の学士号を取得。

親の七光りというより、実直な学びと実力を備えたミュージシャンとして地道にキャリアを積んできたアーティスト、といった印象を受けます。

2012年EP『Love / Art Memoirs』2013年『Dreams in Analog』、2015年『L U X U R Y』は有名ソウルバンドメンバーの子息らしからぬインディペンデントでのリリースにもかかわらず各国で高い評価を得、Brandon WilliamsThe DecodersMoses Sumney、グラミーノミネートもされたTank And The Bangasらのコラボレイターも経験。

しなやかで透き通る清らかな歌声は、一聴すると地味だけど味わい深く染み渡るような実に豊かな才能の持ち主です。

最近の作品でもその魅力が特に顕著というか、遅咲きのブレイクスルーの予感が漂う作品をリリースしていますのでここでレビューしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Alex Isley : レビュー

Good & Plenty feat. Masego & Jack Dine

いま旬なサックス奏者兼シンガーのMasego、そしてJose JamesLido、Waleなどエッジ系アーティストのプロデュースを手掛けるブロンクスのトラックメイカー、Jack Dineとのコラボレーション。

めちゃくちゃクール。こういうクリエイターたちとの仕事が増えていってほしいですね。

Good & Plenty Official Lyric Video

 

Wait

2019年、前述のJack Dineとの5曲入り共作EP『Wilton』より。透き通るトラックと揺らめくピアノ音、その合間を縫うボーカルが艶やかに彩る極上メロウ。5曲全曲おススメです。

Wait

 

On II U 

2017年シングル。ギターリフが印象的に響くオーソドックスなヴィンテージソウルと今のR&Bの狭間のような内容。

On II U (Official Visual)

 

Cautious Clay – Reaching

ブルックリンの新鋭R&Bシンガー、Cautious Clay(コーシャス・クレイ)とのコラボレーション。この曲はアメリカの人気コメディドラマ『Insecure Season4』のサウンドトラックになっているもの。

浮遊するシンセがキャッチーでポップなR&Bチューン。イイ!

Cautious Clay – Reaching feat. Alex Isley [Official Music Video]

 

Tank And The Bangas – Hot Air Balloons

Tank And The Bangasの人気曲、”Hot Air Baloons“でもフィーチャーされていました。曲にスッと馴染むようなボーカル、これこそアレックスの魅力。

Tank And The Bangas – Hot Air Balloons ft. Alex Isley

 

How Deep Is Your Love

グラミーウィナー歌手、PJ Morton師匠のお呼びがかかりBee Geesの往年の名曲をデュエットカバー。

PJ Morton ft. Alex Isley – How Deep Is Your Love (Acoustic Version) (Audio)

 

The Decoders – What Cha’ Gonna Do for Me

オシャレなラバーズロック、クラシックソウルによるカバーを得意とするLAのバンド、The Decodersの2013年作、チャカ・カーンの名曲にアレックスがボーカルとして挑戦。

What Cha' Gonna Do for Me

 

まとめ

アイズレー・ブラザースの血を引く実力派シンガー、Alex Isley(アレックス・アイズレー)でした。いや本当に自分の実力だけでここまで来た!という印象。

どんな曲にもスッと入り込む、馴染んでいく歌声は奥ゆかしくも独自の魅力にあふれていて、メイン良し、コラボレイト良しで、今後ますます活躍の場が増えていくんじゃないかと思います。

Tyler, the Creator、TeaMarrr、Thundercat、Yung Baby Tate、Blood Orangeなどなど収録、このサントラ非常におすすめです。