【Back to 90’s】 1996年 R&B ベストソング 10選

スポンサーリンク
【Back to 90’s】 1996年 R&B ベストソング 10選R&B
Pocket

Back to 90’sと題して90年代のR&Bシーンを年ごとに振り返っていきたいと思います。

このページでは1990年1991年1992年1993年1994年1995年に続き、1996年のR&Bソングからこの年を象徴する10曲をセレクトしています。

前年のD’angeloに続きデビューしたMaxwellのアルバム『Maxwell’s Urban Hang Suite』によってネオソウル/ニュークラシックソウルのムーヴメントの確立。マーヴィンゲイやスティーヴィー・ワンダーの魂をそのままに洗練された都会的な現代音楽として昇華させました。

また、Jam&LewisBaby FaceTeddy Rileyといったこのジャンルのメインストリームのプロデューサー陣の安定した働きの一方で、90年代後半から2000年代にかけて覇権を取る2人のプロデューサーがこの年本格的デビューを飾っています。

ティンバランドGenuwinePony“で今までにない独自の打ち込みプロダクションで世間に衝撃を与え、Aaliyahと組んだアルバム『One In a Million』で彼女自身のキャリアを前進させるとともに自身のプロデューサーとしての大出世作となり、ファレル・ウィリアムズはSWVの『Use Your Heart』でチャド・ヒューゴとのThe Neptunesとして静かにデビューします。

90年代前半から中盤にかけて大きく盛り上がりを見せたガールズグループはやや落ち着きを見せ、目立ったデビューグループとしては”702“あたりでしたが、この年は比較的男性アーティスト、グループが活躍したようにも思え、前述のMaxwellGenuwineに加え、Harace Brown、Case、R.kelly、Keth Sweat、イギリスからはMark Morrisonらが印象的でした。

ヒップホップとの融合はやはり顕著で、Black StreetNo Diggity“、TotalNo One Eles“、Ghost Town DJs”My Boo“、Bone Thugs N HarmonyTha Crossroads“など、ジャンルとして区別しづらい作品も多くなってきていてセレクトもなかなか難儀になってきました。

それでは1996年ベストソング10選です。

スポンサーリンク

1996年 R&B ベストソング 10選

#1 Maxwell – Ascension (Don’t Ever Wonder) 

Maxwell – Ascension (Don't Ever Wonder) (Official 4K Video)

#2 Blackstreet – No Diggity feat. Dr. Dre, Queen Pen

Blackstreet – No Diggity (Official Music Video) ft. Dr. Dre, Queen Pen

#3 Ginuwine – Pony

Ginuwine – Pony

#4 Mark Morrison – Return of the Mack

Mark Morrison – Return of the Mack (Official Music Video)

#5 Keith Sweat – Twisted

Keith Sweat – Twisted (Official Music Video)

#6 Horace Brown – One for the Money

One For The Money

#7 Aaliyah – One In A Million

Aaliyah – One In A Million (Original Video)

#8 Fugees – Killing Me Softly With His Song

Fugees – Killing Me Softly With His Song (Official Video)

#9 Ghost Town DJs – My Boo

Ghost Town DJs – My Boo (V/O version No. 2)

#10 Case – Touch Me, Tease Me

Case – Touch Me, Tease Me (explicit version)(1996)

 

【Back to 90’s】 1996年 R&B ベストソング 10選でした。いかがでしたでしょうか。

後半突入、次回は97年を振り返ってみたいと思います。