Michael Kiwanuka / UK産モダン・ヴィンテージソウルの頂点

Michael KiwanukaR&B
スポンサーリンク
Pocket

北ロンドン出身のUKソウルシンガー、プロデューサー、 Michael Kiwanuka (マイケル・キワヌカ)

現代版ビル・ウイザースオーティス・レディングともいわれる、60年代~70年代の艶やかなモダン・ヴィンテージソウルを壮大で、そして柔軟・優美に表現。

Curtis HardingLeon Bridgesなど、この世代のモダン・ヴィンテージソウルのUK代表としてBrit AwardBBC Music Awardのノミネーションや受賞を経て確固たる地位を得ています。

 

ヴィンテージソウルをベースにしながら、壮大でストレートで、ときにフォーキーだったりサイケだったりと、変幻自在な表現で過去と現代をクロスオーバーさせるキワヌカの魅力を、2019年3rdアルバム『Kiwanuka』をメインにレビューします。

 

スポンサーリンク

Michael Kiwanuka : レビュー

You Ain’t The Problem

アルバム『Kiwanuka』より。勢いよく波打つドラムビートとアコースティックギターの生音感、キワヌカのまろやかな歌声が迫りくる、アルバムオープニング曲。

この曲でグッと世界観に引き寄せられます。

Michael Kiwanuka – You Ain't The Problem

 

Living In Denial

前奏、ブレイクのコーラスが印象的な心癒されるレトロモダンソウル。

Living In Denial

 

Hero

60年代~70年代の空気感とサイケデリックなエッセンスを融合させた骨太UKソウル。

Michael Kiwanuka – Hero

 

Black Man In A White World

2016年作『Love & Hate』より。人気曲にして代表曲。

タイトル通りの強いメッセージ性とストレートでシンプルなサウンドがインパクト大で、初めて聴いたときにドキドキ、ワクワクしたのを覚えています。

Childish Gambinoの『This Is America』(←こちらのほうが刺激が強いですが)のUK版といったところ。

Michael Kiwanuka – Black Man In A White World

 

Bones

2012年作デビューアルバム『Home Again』より。暖かみのあるフォーキーなサウンドと、来日時の日本の夏の風景をMVにした作品。

Michael Kiwanuka – Bones

 

Michael Kiwanuka, Tom Misch – Money

イギリスの新鋭ビートメイカー、ギタリスト、Tom Misch(トム・ミッシュ)とのコラボ。

トムの軽快ディスコビートとキワヌカのふんわりとしたボーカルが見事にマッチ。

Michael Kiwanuka, Tom Misch – Money (Official Video)

▼相性抜群のコラボ特集はこちら▼

【洋楽】アツい友情!アーティスト同士の コラボ R&Bソング7選
カップリングがナイスで相性抜群な コラボR&B 洋楽 ソング7選と題しアーティスト同士の コラボ 、フィーチャーリング〇〇はいつでもどこでも沢山ありますが、ちょっと意外な組み合わせだったり思わず期待しちゃうような組み合わせだったりを集めてみました。人気、実力が五分五分の組み合わせがイイ!と思える7曲を選出です。

 

Michael Kiwanuka : まとめ

UK産モダン・ヴィンテージソウルの頂点、Michael Kiwanuka(マイケル・キワヌカ)でした。

どの作品、アルバムも濃厚なソウルエッセンスと情感を残しつつ、ときに軽いタッチへと変換させる妙が聴く人の幅を広げているのではないかと思わせる、よくできた曲ばかり。どのアルバムもおススメです。