Jazz

Crossover

Kaidi Tatham / ロンドン・クロスオーヴァーシーンの番長

常にロンドン・クロスオーバージャズシーンの中心にいるマルチインストゥルメンタリスト、 Kaidi Tatham (カイディ・テイサム)。安定のパワフルで洗練された内容で、アフロ、ラテン、ファンクの要素からダウンビート、クロスオーヴァージャズ、ネオソウルのエッセンスを交えた色彩豊かな作品が目白押しです。
Jazz

Nubya Garcia / UKジャズ界若手注目株!ヌバイア・ガルシア

UKジャズ界注目のサックス奏者、 Nubya Garcia (ヌバイア・ガルシア)。現代UKジャズシーンやアフロ・フューチャリズムにおいて重要な役割をもつ女流サックスプレイヤーです。
Indie

Kadhja Bonet / フレンチシネマのような魅惑の音楽世界

フレンチシネマのような魅惑の音楽世界が広がるLAから現れたシンガーソングライター、 Kadhja Bonet (カディア・ボネイ)。70年代フォーク(彼女自身は"ジプシーフォーク"と呼んでいます)のようなモノトーンで深みのある情景が漂う、一度聴いたら耳についてしまう不思議な魅力を持った世界観です
スポンサーリンク
Jazz

Cécile McLorin Salvant / ジャズ界で最も優雅で熱い歌声の若きジャズボーカリスト

現代アメリカンジャズ界で最も優雅で熱い歌声を持つジャズボーカリスト、 Cécile McLorin Salvant  (セシール・マクロリン・サルバント)。その華麗で繊細、クラシカルなヴォーカルは往年のジャズファンから若いジャズリスナーまでをも引き付ける魅力にあふれています。
Jazz

Alison Shearer / パワフルなプレイで魅了する気鋭サックスプレイヤー

ニューヨーク出身のサックス奏者、コンポーザーの Alison Shearer (アリソン・シアラー)。初となるアルバム『View from Above』は、ジャズをベースにしながらも自身のキャリアが反映されたソウル、ゴスペル、ヒップホップなどのエッセンスが散りばめられた、最近のジャズに共通するクロスオーバーな作品です。
Jazz

Brandee Younger / 唯一無二の女流ハーププレイヤー

NY出身の女流ハープ奏者、コンポーザーの Brandee Younger (ブランディー・ヤンガー)。ドロシー・アシュビー、アリス・コルトレーンの志を継ぐ、ヒップホップ世代の女性ハーピストとして最も注目を集め、唯一無二の存在であるアーティストです。
Jazz

Kokoroko / UKアフロジャズの大本命!

ロンドンを拠点に活動するアフロビート・グループ、 Kokoroko (ココロコ)。ホーンを中心としたスピリチュアルでエネルギッシュなアフロビートやハイライフミュージックと、UKジャズインプロビゼーションが融合されたサウスロンドン・アフロ~カリビアンの現代ジャズシーンの息吹が凝縮されたグループです。
Jazz

Makaya McCraven / 最先端ジャズ・ビートサイエンス

シカゴを拠点にするドラマー、コンポーザー、プロデューサーの Mayaka McCraven (マカヤ・マクレイヴン)。ジャズ・ファンク、ポストバップ、ヴァンガード・ジャズ、フュージョンをヒップホップ、サンプリングミュージックと掛け合わせたレフトフィールド・ビートを探求する現代ジャズの最先端を走る続ける存在。
Jazz

Melissa Aldana / チリを代表する女流サックスプレイヤー

南米チリ、サンティアゴ出身でNYハーレムを拠点にする女流サックス奏者、 Melissa Aldana (メリッサ・アルダナ)。流麗なハーモニーラインとアコースティック・ポストバップの伝統を感じさせ、芳醇で深みのあるサックスによる力強い演奏に魅了されます。
Crossover

Okvsho / チューリッヒの兄弟ビートメイカー

スイス、チューリッヒ出身の兄弟ビートメイカー、DJデュオの Okvsho (オクヴショ)。ビートメイカーではありますが、最近はアフロ・ファンクやブラジル音楽とヨーロッパ音楽がミックスされた生演奏中心のジャズ・ネオソウルが展開されています。
Jazz

2022年に注目したい UKジャズアクト 8選

2022年に注目したい UKジャズアクト 8選です。隆盛を極めるUKジャズシーンより、この2022年にサクラタップス音楽部が注目するアーティストたち8組をピックアップしてみました。是非参考にしてください!
Jazz

Rosie Turton / トロンボーンを操るUKジャズ界のライジングスター

ロンドンを拠点に活動するトロンボーン奏者、コンポーザーの Rosie Turton (ロージー・タートン)。深く探求された音楽表現は、ファロア・サンダースやアブドゥラ・イブラヒムのような壮大でいて優雅なスピリットが全体を包み込んでいるUK産スピリチュアル・ジャズが展開されています。
Crossover

Emma-Jean Thackray / 次世代UKジャズ界を担う才女

サウスロンドンを拠点とするバンドリーダー、マルチインストゥルメンタリスト、プロデューサー、DJの Emma-Jean Thackray (エマ・ジーン・サクレイ)。ジャイルス・ピーターソンをはじめとする英国ジャズ界、各メディアから「最も注目すべきアーティスト」として期待されてきたアーティストです。
Crossover

Scrimshire / クール&エモーショナルグルーヴの達人

マルチインストゥルメンタリスト兼プロデューサー、DJの Scrimshire (スクリムシャー)。ジャズ、ソウル、ファンクを基調としながらも現代エレクトロニックやポップスを取り入れた、趣がありアートフォームな独自のフィーリングを感じさせるサウンドです。