Don Glori / メルボルン+ブラジリアン+ニュージャズ

Don GloriCrossover
Pocket

オーストラリア、メルボルン出身のベーシスト、マルチ奏者、プロデューサーの Gordon Li (ゴードン・リー)によるプロジェクト、 Don Glori (ドン・グローリ)。

ジャズ、ブラジル、ソウル、ファンクにインスパイアされた創造性豊かな作品を創り出しており、2020年『Dawn Calling』でシーンに登場。

Gal Costa、Joao Donatoといったブラジル音楽の偉人たちからの影響にブロークンビート、ハウスを掛け合わせた生演奏+打ち込みビートによる5つの作品はジャズファンからクラブミュージック好きまで、特にアンダーグラウンドの住人たちから注目、賞賛される内容でした。

Gordon Li名義でも2022年5月にEP『A View From The Bangalow』という作品をリリースしており、こちらはよりアンビエントな作品になっています。

Don Glori名義としては2022年10月にデビューアルバムとなる『Welcome』をリリース。

Marcos ValleやAzymuthなどのライヴサポートによりブラジル音楽のレジェンドたちとの交流、インスパイアを一段と受けたジャズ、ブラジル、ソウル、ファンクが創造性豊かに交錯する、モチベーションの高さが伝わってくるようなジャンルを超えた新しい音楽を創り出しています。

ニュー・ジャズシーンの盛況著しいメルボルンのシーンにまた新たな才能による傑作が登場しました。

スポンサーリンク

Don Glori : レビュー

アルバム『Welcome』より。70年代トロピカリアの影響を感じるブラジル音楽をベースに途中からメルボルンの現代クロスオーバーへと移行するようなプロダクション。後半につれて情熱さを増すピアノソロも圧巻。

Ponte
Don Glori – Ponte (Live)

 

ハービーハンコック 『Maiden Voyage』へのオマージュも感じるブラジリアン・スピリチュアルジャズクロスオーバー。

Maiden Waters

 

ブラジル、フュージョン、ファンクに現代的クロスオーバー、ネオソウル、ビートミュージックの要素も見え隠れするどこにでもありそうだけど、どこにも属さない不思議な感覚のインストルメンタル。

Commodore

 

前作『A View From The Bangalow』からの楽曲によるライヴカット。すっごくクリエイティブ!素晴らしい!

Don Glori – Fly Low & Dawn Calling [Live]

 

メルボルン+ブラジリアン+ニュージャズ、 Don Glori (ドン・グローリ)でした。いやぁ、なかなかのクオリティとクリエイティブさで一気に引き込まれる世界観ですね。恐るべしメルボルンジャズシーン!

Clear Path EnsambleOkvshoあたりとも一緒に聴きたいですね。