Too Slow To Disco Brasil 極上ブラジリアンAORコンピ

AOR
Pocket

ドイツ、ベルリン発、70年代から80年代にかけてリリースされた珠玉のAOR,ミディアムディスコ、シティポップを中心にセンスの良い掘り出し物を集めたコンピレーションシリーズ、” Too Slow To Disco “シリーズから、ブラジルのレコードコレクターの第一人者であり、AOR大好きナイスガイ、Ed Motta(エヂ・モッタ)がコンパイルを務めたその名も、” Too Slow To Disco Brasil “がリリース!

素晴らしい!素晴らしすぎる内容!さすがだよEd Motta!内容はもちろんブラジル音源縛り!

その中から珠玉のブラジリアンAOR、おススメ4選をご紹介します。

スポンサーリンク

Too Slow To Disco Brasil – Review(レビュー)

Filó Machado – Quero Pouco, Quero Muito

アルバム一発目から鷲掴みされること間違いなし、サンパウロのギタリスト/プロデューサー、フィロー・マシャードによる心地良さ抜群の80年代MPBサウンド。

Filó Machado – Quero Pouco, Quero Muito (taken from Too Slow To Disco Brasil – compiled by Ed Motta)

 

Sandra Sá – ‘Guarde Minha Voz’

1983年作、サンドラ・ヂ・サーによるイントロのコーラスがキャッチーなB級感漂うナイスブラジリアンR&B!おススメ。

Sandra Sá – 'Guarde Minha Voz' (Official Audio)

 

Guilherme Arantes – Coisas Do Brasil

リオの爽やかな潮風を連想させるを得ない(行ったことないですが)、まさに80年代ブラジリアンAORど真ん中な作品。

Guilherme Arantes – 'Coisas Do Brasil' (Official Audio)

 

Jane Duboc – Se Eu Te Pego De Jeito

ブラジルを代表する歌手の一人、Jane Duboc(ジャニ・ドゥボッキ)による軽快なリズムのシティポップ。

Jane Duboc – 'Se Eu Te Pego De Jeito' (Official Audio)

 

まとめ

Too Slow To Disco Brasil 極上ブラジリアンAORコンピです。聴かなきゃソン!充実の内容の19曲。これで70年代~80年代MPBがバッチリ掴めます。

ブラジルR&B特集はこちら▼

ブラジルR&B / 早めにチェックしておきたい若手アーティスト 6選
ブラジルの現代ポピュラーミュージックであるMPBと世界的なR&Bのトレンドの組み合わせが、絶妙な南米の雰囲気を醸し出してくれる魅力的な"ブラジルR&B"の世界。その中でもとりわけ若手、もしかしたらワールドワイドに活躍するかもしれないこれから注目のアーティストをお届けします。

 


洋楽ランキング