Moonchild カリフォルニア発、ジャジーネオソウル

Crossover
スポンサーリンク
Pocket

フルート奏者、プロデューサーのMax Bryk(マックス・ブリック)、ピアノ、トランペット、等を操るマルチインストロメンタリスト/プロデューサーのAndris Mattson(アンドリス・マットソン)、そして紅一点、シアトル出身のシンガー、Amber Navran(アンバー・ナヴラン)からなる3人組、” Moonchild “(ムーンチャイルド)。

Gilles Peterson(ジャイルズ・ピーターソン)の”Brownswood Bubblers Eleven”で取り上げられたことでも注目を浴び、90年代的アシッドジャズへの回帰とHiatus Kaiyote(ハイエイタス・カイヨーテ)的2010年代トレンドなネオ・ソウルを融合させたサウンドと Amber Navran の爽やかなボーカルが各方面から高い評価を得ています。

今年も5月に来日公演していますし、日本でも人気が高いですね。

Stevie WonderRobert Glasperなどビッグネームとの共演やレコーディング、The Internetとのジョイント等各アーティトからも注目が高く、他にもDJ Jazzy JeffKaidi Tatham等リミックス人も豪華だったり・・・今後も期待されるアーティトです。

Discography

Be Free (2012)
Please Rewind (2015)
Voyager (2017)

Review

「Voyager」から最新MV、”The List” Moonchild 的オシャレ感満載なジャジー・ネオソウル

 

“Brownswood Bubblers Eleven”にも収められていた彼らの代表曲”The Truth”

 

おススメ曲。美しいギターとエレピ音にアンバー・ナヴランの優しい歌声が癒される”Cure”

 

エレクトリカルなビートとシンセが心地良くスムースに流れていく”Run Away”


この”Run Away”のEric Lau と Kaidi Tatham によるリミックス。

最後に”Brownswood Basement”でのライヴセット

まとめ

ということでサクラタップスのBGMでも活躍中、期待の Moonchild でした。

2017年作、「Voyager」の試聴はこちらからも。


ジャズランキング