The Internet / ネオ・ソウルバンドのトップランナー

Indie
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このジャンルのトップランナーであり2010年代を代表するネオ・ソウルバンド、 The Internet (ジ・インターネット)。タイラー・ザ・クリエイターのヒップホップコレクティブ”Odd Future”に所属しているシド・ザ・キッド(ヴォーカル)とマット・マーシャンズ(シンセサイザー)を中心に結成、スティーヴ・レイシー(ギター)、パトリック・ペイジ(ベース)、クリストファー・スミス(ドラム)の5人編成。

アルバムは2011年”Purple Naked Ladies”でデビュー、2013年”Feel Good”に収録の” Dontcha “で注目を集め、2015年”Ego Death”でグラミー賞「Best Urban Contemporary Album」にノミネート、ここ最近はSydやSteve Lacyがソロアルバムを出したりと個別の活動が続いてましたが、待望の4THアルバム” Hive Mind “が7月20日リリース予定!

 

レビュー

Roll (Burbank Funk)

新作アルバムから。Steve LacyとSydのコーラスが絡むソリッドなディスコファンク・グルーヴ。

The Internet – Roll (Burbank Funk) (Official Video)

 

Come Over

こちらも新作アルバムから。Sydの妖艶なヴォーカルが味わえる The Internet らしいトラック。

The Internet – Come Over (Official Video)

 

Dontcha

The NeptunesのChad Hugoプロデュース、彼らを代表する曲であり、2010年代のネオソウル、フューチャーソウルの方向性を示した曲と言っても過言ではないでしょう。

The Internet – Dontcha

 

Tiny Desk Concert

NPR Music のTiny Desk Concertから。ヴォーカル、Sydの存在感が抜群ですね。セットリスト-“Get Away””Under Control””Dontcha”

The Internet: NPR Music Tiny Desk Concert

 

新作” Hive Mind “の試聴はこちらからも。

前作”Ego Death”はこちら。


ソウル・RBランキング