Nick Hakim / 深みにハマるローファイ・サイケデリックソウル

nick hakimIndie
スポンサーリンク
Pocket

ニューヨーク、ブルックリンを拠点に活動するローファイR&B/ソウルシンガー、マルチインストルメンタリスト、 Nick Hakim (ニック・ハキム)。

 

ワシントンDCでチリとペルーの両親のもと、ソウル、ヒップホップ、ゴーゴー、フォークミュージックなど、音楽の多様性に溢れた家庭で育ち、独学でピアノを習得しバークレー音大へと進学する天才。

サイケデリックでアンビエントでエアリーなサウンドとブルースが溶け合った、ひとことでは言い表せないジャンルレスな世界観は、マーヴィン・ゲイやハリー・ニルソンの影響を受けたシルキーでセンシティブなもの。

 

2014年から2つのEPをリリースしたのち、2017年デビューフルアルバム『Green Twins』、2020年5月には『WILL THIS MAKE ME GOOD』をリリースし、米音楽メディアPitchforkのベストニュートラックに選出。

 

デビュー以来一貫してローファイなサイケデリック・ソウルを奏でてきたハキムの、より深く、よりシャープに磨き上げられたアートのような作品を聴いてみましょう。

 

スポンサーリンク

Nick Hakim : レビュー

Nick Hakim – QADIR

2020年『WILL THIS MAKE ME GOOD』からのファーストカット。

ローファイに進行するサウンドから複数のボーカルが混ざりあい、中盤以降の幻想的な世界観へと流れていく、亡くなった友人へ捧げるレクイエム。

Nick Hakim – QADIR (Official Music Video)

 

 

Nick Hakim – BOUNCING

ダウナーでサイケデリックなアート的作品にシビれる。

Nick Hakim – BOUNCING (Official Music Video)

 

 

Nick Hakim – GODS DIRTY WORK

ドラムとギターのシンプルな音色にロマンティックなメロディとボーカルが乗るオルタナティブR&B。

Nick Hakim – GODS DIRTY WORK (Official Audio)

 

 

Nick Hakim – I Don’t Know

ジャイルズピーターソンがコンパイルするアルバム『Brownswood Bubblers 11』でピックアップされた脱力系ロマンティック・ソウル。

Nick Hakim – I Don't Know

 

 

Nick Hakim – Bet She Looks Like You

前作、『Green Twins』からの人気曲。

インディロックとブルースを合わせたようなスモーキーでメロウな作品。おススメ。

Nick Hakim – Bet She Looks Like You (Official Audio)

 

 

まとめ

深みにハマるローファイ・サイケデリックソウルNick Hakim (ニック・ハキム)でした。

ザラザラとした粗さとシャープさ、エッジさを持ったローファイサウンドと、Nick Hakimの香り立つようなボーカルがミックスされたジャンルレスなアート作品。『WILL THIS MAKE ME GOOD』も間違いない内容です。

King Krule ,Moses Sumneyあたりが好きな方は必須。