Arlo Parks / 瑞々しさが溢れる詩的なインディR&B

Indie
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イギリス、サウスロンドン出身でナイジェリア、チャド、フランスの血を受け継ぐ18歳のポエトリー/シンガーソングライター、 Arlo Parks (アーロ・パークス)

2019年「Cola」で注目を浴び、イギリスの注目の新人リストである「BBC Sound Of 2020」にもCelesteJoy Crooke等と共に選出。

2019年9月にはJordan Rakeiのツアーサポートに抜擢と、その活躍の場を広めています。

アメリカの詩人、ギンズバーグやドアーズのジム・モリソンから、イアン・S・トーマスなどの現代詩人までを読みふけり、YouTubeで古いチェット・ベイカーのパフォーマンスを見て育ち、思春期にはドレイクやアール・スウェットシャツらのヒップホップから、ジミ・ヘンドリックス、デヴィッド・ボウイ、ポーティス・ヘッドまで大きな影響を受けたという彼女の音楽性は・・・

と、ここまで書いただけでもその複雑さと繊細さはご想像の通り。18歳のフレッシュ感と詩的で深みのある、瑞々しさが溢れる作品群をチェックしてみてください。

 

Arlo Parks – Review(レビュー)

Cola

瑞々しく染み渡るように語りかけてくるアーロの歌声に引き込まれる、Jordan RakeiとシンクロするようなインディR&B

Arlo Parks – Cola (Official Music Video)

 

Eugene

印象的なギターリフのインディサウンド。バイセクシャルである彼女のバックグラウンドの中で「友人に恋する複雑な感情」を表現したもの。

Arlo Parks – Eugene (Official Video)

 

Sophie

ポーティスヘッドやジ・インターネットのシドに通ずるように詩的な、絶望の中の希望を見出すような歌詞と途中のスポークンワードが印象的。

Arlo Parks – Sophie

 

Paperbacks

ビッグビートなドラムループとレイドバックしたメロディ、涼し気なギターが織りなす端麗な次世代ネオソウル。

Paperbacks

 

George

Yazmin Laceyとも近いグルーヴィで凛々しさを感じる作品。間奏(2:10~)のギターソロが意外だけど印象的。

Arlo Parks – george (Official Music Video)

 

まとめ

瑞々しさが溢れる詩的なインディR&B、Arlo Parks (アーロ・パークス)でした。ロンドンの新生代インディR&B~ネオソウルとして台頭してきそうな才能に溢れたアーティストです。

Jordan Rakei、The Internet、Frank Oceanあたりが好きな人は要チェック!

Jordan Rakei / 注目の次世代ネオ・ソウルプレイヤー
注目の次世代ネオ・ソウルプレイヤーとして、すでにイギリスを中心にワールドワイドな活躍を見せているシンガーソングライター、Jordan Rakei (ジョーダン・ラカイ)。 ニュージーランドのハミルトン出身で、2015年からイギリスを拠点に...
The Internet / ネオ・ソウルバンドのトップランナー
このジャンルのトップランナーであり2010年代を代表するネオ・ソウルバンド、 The Internet (ジ・インターネット)。タイラー・ザ・クリエイターのヒップホップコレクティブ"Odd Future"に所属しているシド・ザ・キッド(ヴォ...