Nicki Minaj / ヒップホップ・クイーン降臨!

Hip Hop
スポンサーリンク
Pocket

トリニダード・トバゴ出身、NYで活動する今や女性ラッパーとして、あのMissy Elliotをも超える人気と実力を持つであろうヒップホップ・クイーン、” Nicki Minaj “( ニッキー・ミナージュ )

Lil WayneのYoung Money Entertainmentと契約し、2010年のデビューアルバム「Pink Friday」をリリース。アッパー系パーティチューンが際立つ作りと、奇抜な衣装や髪型でLady GAGAと共にギャルのカリスマ、時代のアイコンとなり、Billboard Hot 100に7曲同時にチャートインさせるなど当時の記録を打ち立てていきました。

個人的には3rdアルバム「The Pinkprint」あたりから帰ってきた、というんでしょうか、ヒップホップに帰ってきた感がありますね。2枚目「Pink Friday: Roman Reloaded」がもうメジャー路線すぎたので、より「The Pinkprint」がバランスの取れた良作だと感じました。

そして、8/10に最新アルバム「Queen」がリリースされています。

後述しますが、ここにきてよりヒップホップに寄ってきています。彼女の作品の中では少し地味かもしれませんが、非常にストリート感のある硬派なサウンドに仕上げてきましたね。

 

スポンサーリンク

Discography (アルバム)

Pink Friday(2010年)
Pink Friday: Roman Reloaded(2012年)
The Pinkprint(2014年)
Queen (2018年)

 

Review(レビュー)

MEGATRON

メガトロン・・・トランスフォーマー的な意味でしょうか?そういえばFutureの”Transformer”でNicki Minajがフィーチャーされてますが、その中でも「Some call me Nicki but some call me Megatron」と言ってます。確かにロボット的なイメージあるかも。

Nicki Minaj – MEGATRON

 

 

Chun Li

こちらはストリートファイターの登場人物、春麗 “Chun Li”を模したもの。どうもアクション系が多いようで。

Nicki Minaj – MEGATRON

 

 

Barbie Dreams

R.I.P. to B.I.G-The Notorious B.I.G.“Just Playing (Dreams)”=James Brownの”Blues And Pants”の有名ブレイクを使用したオールドスクールスタイル。

Nicki Minaj – Barbie Dreams

 

 

Bed ft. Ariana Grande

アリアナ・グランデをフィーチャーした2018年「Queen」で最もポップな曲。

Nicki Minaj – Bed ft. Ariana Grande

 

 

Anaconda

前作「The Pinkprint」から。90年代お下品ラップの殿堂、Sir Mix A Lot”Baby Come Back”使い!その痛快下品なリリックと共に完コピ。

Nicki Minaj – Anaconda

 

Sir Mix-A-Lot – Baby Got Back

 

 

 

Truffle Butter

「The Pinkprint」からもう一曲、DrakeとLil Wayneをフィーチャーした”Truffle Butter”、Maya Jane Colesの”What They Say”を使用した、この無機質なビートがクセになる硬派な一曲。

Nicki Minaj – Truffle Butter (Lyric Video) (Explicit) ft. Drake, Lil Wayne

 

 

Megan Thee Stallion – Hot Girl Summer ft. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign

この二人が揃えばご覧の通りのメガ盛り感満載のビジュアル。ここにSteflon Donも加わったら大変なことになりそうで想像するだけでお腹一杯かも。キャッチーなトラップビートが心地良い良作。

Megan Thee Stallion – Hot Girl Summer ft. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign [Official Video]

 

 

Super Bass

出世作、このイメージが強い人もいるんじゃないでしょうか。

Nicki Minaj – Super Bass

 

 

まとめ

2010年代以降のヒップホップ・クイーン、 Nicki Minaj でした。2018年作「 Queen 」を中心に紹介しました。彼女のイメージからしたら硬派な作りになっているのではないでしょうか。個人的には好みです。

アルバム「 Queen 」の試聴はこちらからも。


洋楽ランキング