少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Indie

Astronauts,etc. 宇宙的透明感のあるインディポップ

更新日:

Pocket

アメリカ、オークランドをベースに活動するD.I.Y型インディポッププロジェクト、フロントマン Anthony Ferraro (アンソニー・フェラーロ)による" Astronauts,etc. "

バークレー音大でクラシックを専攻していたものの、重度の関節炎によりリタイアせざるを得なくなり、今の表現形式に行きついたようです。

滑らかでスペイシーなサイケデリックサウンドは、プロジェクト名("Astronauts"=宇宙飛行士)の通り(意図しているかどうかはわかりませんが)宇宙的な空間を作り出していて、彼のファルセットやシルキーなボーカルとマッチした透明感のあるインディポップ、ラウンジロックの世界を作り出しています。

また、Toro Y Moi のツアーのキーボーディストとして参加しており、共同プロデューサーとしてもChaz Bear(A.K.A Toro y Moi)が関わっています。

Discography(アルバム)

Mind Out Wandering (2015)
Living In Symbol (2018)

今年7月に最新作「Living In Symbol」がリリースされています。

余談ですがこの"Astronauts, etc."というプロジェクト名、単純に"Astronauts"という名前のイギリスのロックバンド(この人たちも好きですが)や、"The Astronauts"という60年代のサーフロックグループがいたりと類似系が多くて間違いやすいので注意が必要です。

だからetc.とかつけたのか?とも思いますが、単純にバンド形式をとってるってことで(~たち)にしたかったんでしょうか・・・う~ん、名前の由来は調べてみたんですがよくわからないです・・・。

Review(レビュー)

初めて" Astronauts,etc. "の存在を知った曲。哀愁のあるギターメロディが心地良い"I Know"

スタジオライブver

 

切れの良いインディポップサウンド、"Shake It Loose"

こちらもスタジオライブver

 

ラウンジロック的な"Shut My Mouth" カフェのBGMに映えそうです。

 

おススメ。ドラム、ギター、ベース、キーボード、ストリングス、そしてボーカル、すべての調和がとれた透明感あるサウンド"Visitor"

 

Toro Y Moiとのコラボレーション、エルトン・ジョンの”Rocket Man”をカバー

 

"Astronauts,etc."でした。透明感のあるインディ系サウンドは落ち着いたカフェBGMに(いや、ビアバーにも)あいそうですね。

最新作「Living In Symbol」の試聴はこちらから。


インディーズランキング

-Indie
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。