BOY PABLO / YouTubeから出現したインディポップ・ニュースター

boy pabloIndie
Pocket

ノルウェーに移住したチリ人の両親の下で育ったシンガーソングライター、Nicolas Muñoz(ニコラス・ムニョス)のインディポップ・プロジェクト、 Boy Pablo (ボーイ・パブロ)。

ノルウェーの西岸にあるベンゲルという街で育ち、幼いころからギター、ドラム、ベースギター、ピアノを習得。2017年(高校生時)にYouTubeにDIYで制作されたPVとともにアップされたベッドルームポップ『Every Time』のバイラルヒットで注目され、EP『Roy Pablo』、翌年『Soy Pablo』と立て続けにEPをリリースしインディポップシーンに登場。

日本やアメリカ、ヨーロッパ各国などで大きな注目を浴び、各国ツアーの成功、ノルウェー国内の音楽賞受賞、さらにはPitch FolkNPRなどの音楽サイトでも高い評価を得るなど一気にインディシーンの人気者に上り詰めた感のあるアーティストです。

音楽の影響として、Mac De MarcoTyler The CreatorTame ImpalaMild High Clubを挙げているようにユルさの中に潜む内省的な感情やユーモアをシンプルな機材で音表現していく、現代的なベッドルームポップと言えるでしょう。

2020年10月に初のフルアルバムになる『Wachito Rico』をリリースしていますので、YouTubeから出現した2020年現在21歳の注目のニュースターをレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Boy Pablo : レビュー

Everytime

2017年『Roy Pablo』より。

そのYouTubeでバイラルヒットとなり現在3,400万回のプレイ数を記録。ノルウェーの夕暮れの川のほとりで、ストリートウェアを着て素朴に歌う、素朴でメロディックなインディポップ。

カリフォルニアのインディポップシンガー、Ginger Rootにも通ずる素朴さがありますね。

boy pablo – Everytime

 

Dance, Baby!

2017年『Roy Pablo』より。

爽快なギターサウンドが気持ちいい、ダンサブルに突っ走る青春ソング。

Boy Pablo – Dance, Baby!

 

Feeling Lonely

2018年『Soy Pablo』より。

ほろ苦い恋愛経験と孤独を明るいギターコードで掻き鳴らすティーンエイジャーの若々しいサウンド。

boy pablo – Feeling Lonely (Official Video)

 

wachito rico

2020年『Wachito Rico』からのタイトルソング+以下2曲。

弾けるような若々しい勢いのあるサウンドとキャッチーなメロディが強調され、途中からヒップホップ?ラテン系?に代わるトラックもなかなか面白いアプローチ。

boy pablo – wachito rico (Chapter 5)

 

honey

Mac De Marcoを少し意識したかのようなドリーミーな雰囲気を漂わせる楽曲。

この『Wachito Rico』からのリリースソングはストーリー性を持たせたPV構成となっていてChapter1『Hey Girl』~Chapter5『wachito rico』までアップされています。(順番どおりでなくてスミマセン)

boy pablo – honey (Wachito Rico: Chapter 2)

 

leave me alone! 

Gus Dappertonみたいなイケメンさはないけれど、「ほっとけ!」と言われてもユルさと親しみやすのが隠し切れないキャラクターがイイ味出しています。

boy pablo – leave me alone! (Wachito Rico: Chapter 4)

 

まとめ

YouTubeから出現したインディポップ・ニュースター、Boy Pablo(ボーイ・パブロ)でした。

Mac De Marcoのような熟練さはないけれど、Gus Dappertonみたいなカッコよさもないけれど、親しみやすさは人一倍なユル系の良さを持つ21歳。まだまだこれからの成長が楽しみな存在でもあります。

ちなみに『Wachito Rico』とはチリ語で『ハンサム・ボーイ』=イケメンってことらしいです。