Roosevelt / 透明感のあるロマンチック・シンセポップ

rooseveltElectronic
スポンサーリンク
Pocket

ドイツ、ケルンを拠点にするエレクトロニック・インディ系プロデューサー、シンガーソングライター、Marius Lauber(マリウス・ラウバー)のソロプロジェクト、 Roosevelt (ルーズヴェルト)。

2016年セルフタイトルデビューアルバム『Rooseveltでのエモーショナルな展開と透明感のあるによるシンセポップに独自のエレクトロニック~ニューディスコサウンドで世界から絶賛を浴び、2018年2nd『Young Romance』でも1stのテクスチャーを踏襲しながらよりワイドな作品に挑戦していました。

 

LAのエレクトロデュオ、Classixxやチルウェーヴの新星Washed Outとのコラボ、また、Rhye、Chvrches、Charlotte Gainsbourgなど数々のアーティストのリミックスを手がけていて、そちらも好評でリミキサーとしても目が離せない存在になっています。

音楽的には前途のWashed Outや同じドイツで活動するバンドParcels、オークランドのプロデューサー、Astronauts,etc. あたりと近いでしょうか。

エレクトロニック・インディ・R&B・80年代レトロモダンディスコを融合しながら曲によりその要素、表現をクオリティ高く自在に操り、カラフルなサウンドに仕上げていきます。

今回は2020年新作シングルを筆頭に代表曲をレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Roosevelt : レビュー

Sign

2020年シングル。

ヴィンテージ感のあるシンセをメインにソウルフルなボーカルが印象的な、ルーズヴェルトサウンド全開の作品。

Roosevelt – Sign (Official Video)

 

Classixx – One More Song

LAのエレクトロデュオ、Classixxとのコラボ。

ルーズヴェルトっぽいニューディスコ~シンセポップの中に夏っぽい爽やかさが漂うキャッチーな仕上がり。

Classixx – One More Song (feat. Roosevelt) (Official Stream)

 

Shadows

2018年『Young Romance』より。

ギターリフを押し出し、哀愁のあるメロディ展開が美しすぎるロマンチック・エレクトロニカ。

Roosevelt – Shadows (Official Video)

 

Moving On

2016年『Roosevelt』より。

ゆったりとしながらもかなり前面に押し出した煌びやかなシンセ、そのシンセを補完するようなユニークなベースフックが印象的なカラフルシンセポップ。

Roosevelt – Moving On (Official Video)

 

Montreal

ルーズヴェルトと言ったらこの曲!というくらい個人的にこの曲のイメージが強いです。

2013年デビューEP『Elliot』から世界的にブレイクしたベストソング。

Roosevelt – Montreal (Official Video)

 

Rhye – Summer Days (Roosevelt Remix)

Michael Milosh(マイク・ミロシュ)によるソロプロジェクト、 Rhyeのローファイ・ポップソングを、ロマンチックなディスコサウンドに仕上げたサマーソング。

Rhye – Summer Days (Roosevelt Remix)

▼Rhyeの記事はこちら▼

Rhye / 家でまったり聴きたいベッドルームR&B
カナダ、トロント出身のチェリスト、ドラマー、シンガー、プロデューサーで現在はLAを拠点とするMichael Milosh(マイク・ミロシュ)によるソロプロジェクト、 Rhye (ライ)。 2013年にQuadron等を手掛けていたデンマー...

 

Josin – In A Blank Space (Roosevelt Remix)

同じケルンの韓国人の母とドイツ人の父を持つシンガー、Josinの曲をリミックス。原曲の壮大で幻想的な雰囲気とは違う、ミニマムでエレクトロなアプローチ。

Josin – In A Blank Space (Roosevelt Remix)

原曲

Josin – In The Blank Space (Official Video)

 

 

まとめ

透明感のあるロマンチック・シンセポップ、Roosevelt(ルーズヴェルト)でした。

抜群のメロディセンスとノスタルジック感のあるシンセポップ~ニューディスコの組み合わせは結構頭から離れない中毒性を持っていますね。リミックスなどのサウンドワークでも今後かなり引く手数多になるような気がします。