注目の オーストラリア発 女性ポップシンガー5選【2020】

オーストラリア発Indie
スポンサーリンク
Pocket

 オーストラリア発 女性ポップシンガー5選。

Hiatus Kaiyoteを源流としたネオソウル/フューチャーソウルや、ジャイルズピーターソン主宰のBrowns Wood Recordingsが取り上げた『Sunny Side Up』に出てくるジャズシーン、Sampa The Greatのような強烈な個性のヒップホップなど、2010年代以降、個人的に非常に注目しているアツいオーストラリアの音楽シーン。

今回はそんなオーストラリア音楽シーンの中からインディーシーンで活躍する女性ポップシンガー5人をご紹介します。

オーストラリア出身のポップシンガーのひとりとして、Natalie Imbruglia(ナタリー・インブルグリア)が有名ですが、ポスト・ナタリーインブルグリアになるかも・・・!?な5人。

まだまだワールドワイドになってない早耳チェックな内容です。

 

スポンサーリンク

MARLOE.

MAROE.

オーストラリアのブリスベン出身の新進気鋭のシンガーソングライター、MAROE.(マロー)。

ニューヨークのアメリカンミュージカルアンドドラマティックアカデミーのミュージカルシアタープログラムで学習し、ニューヨーク滞在中はポップキャリアを始めるための基礎を築いた数多くの短編映画や演劇作品に出演し帰国。

2019年セルフタイトルアルバム『Maloe.』をリリース。

グラミーノミネート経験のあるクリスチャンミュージック系プロデューサー、Matt Bronleeweがプロデュースする爽快なポップさと彼女の力強いボーカルがブレンドされたエレクトロポップサウンド。

この「Future Is Now」はHONDA新型フィット”Luxe(リュクス)”のウェブCMで起用されています。

MARLOE. – The Future Is Now

The Future is Now – MARLOE.

MAROE. – Remember Me

Remember Me – MARLOE.

 

 

Austen

Aus

オーストラリアのブリスベンを拠点に活動するセルフプロデューサー、Austen(オースティン)。

2016年デビューシングル「Faded」が国内で話題となり、ノルウェーのシンガーAURORAのツアーサポート、リバプールのソングライター、Love Fame Tragedyとのツアー敢行を経て2017年EP『Passenger Seat』をリリース。

荘厳ささえ感じる美しい歌声にややダークさを纏うエレクトロニックとヒップホップを行き来するオルタナティブ・ポップが持ち味。

Austen – Young and Numb

Young and Numb

Wolfjay x Austen – Very Soon, Very Frequent

Wolfjay x Austen – Very Soon, Very Frequent (Music Video)

 

 

Essie Holt

シドニー出身でメルボルンに拠点を置くシンガーソングライター、Essie Holt(エルシー・ホルト)。

2018年のシングル「Magnetise」と「Better For You」「Give Me The Night」がオーストラリアのオルタナティブミュージック系全国ラジオ局、Triple Jのスポットローテーションに追加されて話題に。

2020年満を持してのデビューEP「Silent Wars」がリリースされ、ますますオーストラリア国内で話題になりそうな、深みとエレガントさを持った新鋭ポップシンガー。

Essie Holt – Last One 

Essie Holt – Last One (Gallery Session)

Essie Holt – Silent Wars

Silent Wars

 

 

Yorke

yorke

ゴールドコースト、バイロンベイを拠点に活動するシンガーソングライター、Grace Hughes(グレース・ヒューズ)のステージネーム、Yorke(ヨーク)。

バイロンベイの音楽シーンで育ったティーンエイジャーの頃に、地元のソングライティングコンテストに応募したり、優勝したりするようになり、大学進学を断って音楽制作に専念することを決意したという。

2020年デビューEP『Liberosis』は21歳の天才ポップアーティストの自己解放への探求で見いだされるカタルシスと脆さ、そして音楽へと向き合う情熱さを感じる意欲作。

Yorke – Thought I Could

Yorke – Thought I Could (Official Video)

Paces – Vertigo feat. Yorke

Paces – Vertigo (Official Video) ft. Yorke

 

 

DVNA

DVNA

彼女もゴールドコースト出身のベッドルームプロジェクト、DVNA(ダーナ)。

Jorja SmithAnderson .PaakThe Internetなどのアーティストに大きく影響を受けた、ソウルと現代のエレクトロニカの要素を融合させた、ネオソウル~フューチャーソウルサウンド。

オーストラリアのネオソウル/フューチャーソウルの象徴、Hiatus Kaiyoteとの系統とはまた少し違う、R&B寄りな部分とシティポップのエッセンスが感じられる暖かくグルーヴィなサウンドです。

DVNA – Half Past Sober

DVNA – Half Past Sober [Official Music Video]

DVNA – Sushi In Tokyo

DVNA – Sushi In Tokyo [Live Video]

 

注目の オーストラリア発 女性ポップシンガー5選【2020】

注目のオーストラリア発女性ポップシンガー 5選でした。5人とも現代音楽シーンらしいオルタナティブなサウンドでした。

ここから日本や世界で名が知れる存在になるのは誰でしょうか…!