ニュージーランド / オーストラリア ネオソウル がアツい!

Neo-Soul
スポンサーリンク
Pocket

ニュージーランド / オーストラリア ネオソウル がアツい!と題しここ数年注目&人気を集めいている3グループを紹介します。

R&Bをベースに民族的なエッセンスやジャズ、フォーク等がミックスされた独自のネオソウル・フューチャーソウルを展開するオセアニア系アーティストがどんどん出てきていますが、まずは基本から押さえていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

Hiatus Kaiyote – Nakamarra

まずは、やはりこのムーブメントのパイオニア的存在とでもいうべき、Hiatus Kaiyote(ハイエイタス・カイヨーテ)。Gilles Petersonがコンパイルしたアルバム、Brownswood Bubblers9で取り上げられたことでコアな音楽ファンから話題となったメルボルン出身の4人バンド。

Hiatus Kaiyote – Nakamarra

 

 

Levingstone – Ritual

そのHiatus Kaiyoteのフォロワーといってもよさそうなシドニー出身の男女5人編成バンド。

Levingstone“(レヴィングストーン)、Hiatus Kaiyoteをもう少しUKよりのクロスオーバーサウンドにしたと言ったところでしょうか、ポップで聞きやすいですね。まだまだ知られてない存在ですが、これからに期待です。

Levingstone – Ritual

 

 

The Cuctus Channel – Storefront

そしてこちらはHiatus Kaiyoteの先輩にあたるバンドでしょうか、男女7人編成、メルボルンのファンク・ソウルバンド、The Cactus Channelの新作。どちらかというと地味なイメージですが、なにか聴けば聴くほどじんわりと味が出くるような、そんな味わい深い曲。PVもなんとも言えない、しみったれた雰囲気満載ですが、哭きのホーンセクションが堪りません。

The Cactus Channel – Storefront (Official Video)

 

 

まとめ

ニュージーランド / オーストラリア 系ネオソウルを紹介しました。Hiatus Kaiyote、Levingstone、The Cactus Channel、そしてJordan RakeiやWallece以外にもまだまだ素晴らしいアーティストが目白押しですが、またの機会にご紹介します。