Stone Foundation / 大人の香り漂うブリティッシュ・モダン・ソウル

stone foundationNeo-Soul
Pocket

ブリティッシュ・モダン・ソウル・・・、大人の香り漂うヴァイヴを奏でるイギリスのベテランヴィンテージ・ソウルバンド、 Stone Foundation (ストーン・ファウンデーション)

2000年前半から活動をスタートし、スタジオアルバム制作→ライブツアー→スタジオアルバム制作を精力的に続けています。

同じイギリスの伝説的ソウル・ポップ・ロックバンド、The Style Council(スタイル・カウンシル)のPaul Wellerとの親交、コラボレーションも多く、アルバム「 EVERYBODY, ANYONE 」では、Paul Wellerの所有スタジオ、ブラック・バーン・スタジオで収録。

ゲストは同じスタイル・カウンシルからなんとMick TalbotSteve Whiteも参加、さらにはThe Average White BandHamish StuartThe Blow Monkeys(なつかしい!)のDr Robertも参加と、かなりパワーアップした豪華な顔ぶれでの演奏を聴かせてくれます。

2020年『Love Is Enough』、2022年4月には10枚目となるアルバム『Outside Looking In』をリリース。

こちらもPaul Wellerが全面バックアップしており、Stone Foundationらしいグルーヴ感あふれるソウルサウンドをさらにゴージャスに、そしてメロウにバランスよく仕上げられていて、これは最高傑作なんじゃないか!?と思わせる充実ぶりです。

スポンサーリンク

Stone Foundation : レビュー

Now That You Want Me Back w/ Melba Moore

Outside Looking In』より。

70年~80年のディスコクイーン、メルバムーアを迎えてのスタイリッシュ・ダンシンググルーヴ。

Stone Foundation, Melba Moore – Now That You Want Me Back

 

Soon You’ll Return

Outside Looking In』のアルバムオープニング。美しいコーラスと、Kool &The Gang”Summer Madness”を想起するような静かな立ち上がりが、このアルバムの期待をグッと膨らましてくれています。

Soon You'll Return

 

The Light in Us (feat. Laville)

2020年『Love Is Enough』より。Acid Jazzレーベルのソウルシンガー、Lavilleをフィーチャーした直球のUKソウルサウンド。

Stone Foundation – The Light in Us (feat. Laville)

 

Freedom Starts!

こちらも2020年『Love Is Enough』より。ジャミロクワイをよりアダルトにしたようなファンキーチューン。

Stone Foundation – Freedom Starts!

 

Standing On The Top

2018年作アルバム、「EVERYBODY, ANYONE」からのファーストカット。重厚なベースラインとストリングス&ホーンが奏でるブリットソウル。

Stone Foundation – Standing On The Top

 

Next Time Around

おススメ。美しいギターの音色が印象的なシンプルでいてダンディズムを感じるソウル。

Stone Foundation – Next Time Around

 

Beverley

アルバム「A LIFE UNLIMITED」より、ことらもどストレートなヴィンテージソウルでイイですね!

Beverley – Stone Foundation

 

Carry the News

スタジオセッションのジャジートラック。Paul Weller, Mick Talbot and Steve Whiteをフィーチャーした、さながらスタイルカウンシルの様相。このまま”Shout To The Top”演奏してほしい!

Stone Foundation – Carry the News

 

Your Balloon is Rising feat. Paul Weller

前作「STREET RITUALS」から、Paul Wellerをフィーチャーしたメロウ・ヴィンテージ・ソウル。若かりし頃のスタイリッシュさはないけど、ダンディな男前ですね。

Stone Foundation – Your Balloon is Rising ft. Paul Weller

 

まとめ

Stone Foundation (ストーン・ファウンデーション)でした。

チャラチャラ感が一切ない、大人なブリット・ヴィンテージソウルですよね、一人で聴き込みたい音楽です。メイヤーホーソーンやジョーダン・ラケイとも相性良さそう。アメリカやオーストラリアとの違いを感じながら一緒に聴くのもありですね。