Stone Foundation 大人の香り漂うブリティッシュ・モダン・ソウル

stone foundationNeo-Soul
スポンサーリンク
Pocket

ブリティッシュ・モダン・ソウル・・・、大人の香り漂うヴァイヴを奏でるイギリスのベテランヴィンテージ・ソウルバンド、 Stone Foundation (ストーン・ファウンデーション)

2000年前半から活動をスタートし、スタジオアルバム制作→ライブツアー→スタジオアルバム制作を精力的に続けています。

同じイギリスの伝説的ソウル・ポップ・ロックバンド、The Style Council(スタイル・カウンシル)のPaul Wellerとの親交、コラボレーションも多く、最新アルバム「 EVERYBODY, ANYONE 」では、Paul Wellerの所有スタジオ、ブラック・バーン・スタジオで収録。

ゲストは同じスタイル・カウンシルからなんとMick TalbotとSteve Whiteも参加、さらにはThe Average White BandのHamish StuartやThe Blow Monkeys(なつかしい!)のDr Robertも参加と、かなりパワーアップした豪華な顔ぶれでの演奏を聴かせてくれます。

さながら80年代のイギリス、ブルーアイドソウル重要人物全員集合って感じですね。

スポンサーリンク

Discography(スタジオアルバム)

IN OUR TIME (2005)
SMALL TOWN SOUL (2008)
AWAY FROM THE GRAIN (2010)
THE THREE SHADES OF… (2011)
TO FIND THE SPIRIT (2014)
A LIFE UNLIMITED (2015)
STREET RITUALS (2017)
EVERYBODY, ANYONE (2018)

 

Stone Foundation : Review(レビュー)

The Light in Us (feat. Laville)

2020年に入って2作目となるシングル。Acid Jazzレーベルのソウルシンガー、Lavilleをフィーチャーした直球のUKソウルサウンド。

Stone Foundation – The Light in Us (feat. Laville)

 

 

Freedom Starts!

2020年に入っての1作目。ジャミロクワイをよりアダルトにしたようなファンキーチューン。

Stone Foundation – Freedom Starts!

 

 

Standing On The Top

2018年作アルバム、「EVERYBODY, ANYONE」からのファーストカット。重厚なベースラインとストリングス&ホーンが奏でるブリットソウル。

Stone Foundation – Standing On The Top

 

 

Next Time Around

おススメ。美しいギターの音色が印象的なシンプルでいてダンディズムを感じるソウル。

Stone Foundation – Next Time Around

 

 

Beverley

アルバム「A LIFE UNLIMITED」より、ことらもどストレートなヴィンテージソウルでイイですね!

Beverley – Stone Foundation

 

 

Carry the News

スタジオセッションのジャジートラック。Paul Weller, Mick Talbot and Steve Whiteをフィーチャーした、さながらスタイルカウンシルの様相。このまま”Shout To The Top”演奏してほしい!

Stone Foundation – Carry the News

 

 

Your Balloon is Rising feat. Paul Weller

前作「STREET RITUALS」から、Paul Wellerをフィーチャーしたメロウ・ヴィンテージ・ソウル。若かりし頃のスタイリッシュさはないけど、ダンディな男前ですね。

Stone Foundation – Your Balloon is Rising ft. Paul Weller

 

 

まとめ

Stone Foundation (ストーン・ファウンデーション)でした。

チャラチャラ感が一切ない、大人なブリット・ヴィンテージソウルですよね、一人で聴き込みたい音楽です。メイヤーホーソーンやジョーダン・ラケイとも相性良さそう。アメリカやオーストラリアとの違いを感じながら一緒に聴くのもありですね。

 


ソウル・R&Bランキング