Indie Neo-Soul

Natalie Prass 程よいポップス感が気持ちイイ!

投稿日:2018年4月30日 更新日:

Pocket

クリーブランド出身の32歳、デビューアルバム『ナタリー・プラス』は英ガーディアン誌の2015年有力新人ランキング第3位になった、 Natalie Prass の6/1にリリースされる3年振りのアルバム、『 The Future and the Past 』は程よいポップ感が気持ちいい!

ポップスでありながらR&Bやジャズの要素を巧みに取り入れた、良い意味で聴きやすさ抜群。通勤通学、車の中・・・どんなシーンでもBGMとして活躍しそうな珠玉のポップス満載。

米大手ラジオ局、Tiny Desc Concertでお馴染みのNPRMusicでも、2018年上半期ヘヴィーローテーションの一曲として、この Natalie Prass ”Short Court Style”が選出されています。
記事はこちら;Heavy Rotation: The Songs We’re Obsessed With Halfway Through 2018

 

一目惚れ、いや一聴惚れ間違いなし!サビなんてもう完璧!なグッドポップス”Short Court Style”

 

ネオソウル+サイケデリックポップな”Sisters”

 

The Fire

まさに程よいポップス感が味わえる曲!

 

Natalie Prass の地元、リッチモンドでのスタジオライヴ、”Lost”

 

最新作、「The Future and Past」の試聴はこちら。

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

-Indie, Neo-Soul

執筆者:


  1. […] かなりキャッチーでキュートなディスコポップですねぇ。当ブログでも紹介したNatalie Prassに少し近いかも。 […]

  2. […] Out / Mayer Hawthorne Seven / Men I Trust The Lady Wants To Know / Michael Franks The Fire / Natalie Prass Lotta Love / Nicolette Larson After You’ve Gone / Noriko Miyamoto Let It Go / Pages […]

関連記事

Talkie サンフランシスコ発! 爽やかインディポップ

サンフランシスコ出身の4人組。Eric Martin(エリック・マーティン)、Christopher Isaacs(クリストファー・アイザックス)、Bradley Hagmann(ブラッドリー・ハグマ …

UMI / 学問と両立!女子大学生ローファイR&Bシンガー

シアトル生まれのLA在住で南カリフォルニア大学に通う現在19歳のネオ・ソウル、ローファイ・オルタナティブR&B系シンガーソングライター、Tierra Umi Wilsonこと UMI (ウミ)。 現代 …

Raveena 麗しの癒し系R&Bシンガー

癒し系です。忙しい時が続いたりちょっとストレスがたまってるなぁ、、、なんて時にも、休日のひとときやドライヴなど、本当にリラックスしたいシーンにぴったりです。 NY出身のインド系アメリカ人ソウルシンガー …

【 SakuraTaps 】 2019年7月のプレイリスト BGM “Surfin’ Indie Pops”

7月のテーマ、”Surfin’ Indie Pops”と題し夏色さわやかインディロック、サーフロック、ドリームポップ全111曲プレイリストアップします!   Sak …

Blood Orange 注目の最先端サウンド、新作リリース!

イギリス・ロンドン出身のソングライター、プロデューサーである”Dev Hynes”(デヴ・ハインズ)によるソロプロジェクト、”Blood Orange” …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。