少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Indie

爽やか! 洋楽 アコースティックポップ 特集

更新日:

Pocket

気分ハレバレ!毎日ハッピーに過ごすための爽やか 洋楽アコースティックポップ を昨年から今年リリースされている曲を中心に集めてみました。しっとり系、大人向け、アップ系と様々な内容で、アメリカ~オランダ~イタリア~オーストラリア~ハワイと巡っていきます。

 

#1 Faye Webster / Kingston

アトランタをベースに活動するフォークSSW、 Faye Webster (フェイ・ウェブスター)の最新アルバム『Atlanta Millionaires Club』からのファーストカット。セカンドカットのハワイアンな"Room Temperature"もそうですが、すごく個性的でキュート。フォークシンガーなんだけどなんだかヒップホップやR&Bリスナーにも受け入れられそうなオルタナティブな魅力に溢れてます。

 

 

#2 Adron / Be Like The Sea

こちらもアトランタ出身の若手シンガーソングライター、 Adron (アドロン)の最新アルバム『Water Music』より。ルイス・ボンファやカエターノ・ベロソのようなブラジリアンミュージックとジョニ・ミッチェルやハリーニルソンのような70年代フォークをブレンドしたトロピカルフォークに仕上がっています。爽やか!

 

 

#3 Benny Sings / Dreamin'

言わずと知れたオランダのポップマエストロ、 Benny Sings (ベニー・シングス)のStones Throw移籍第一弾のアルバム『City Pop』より。もうどこからどう聴いてもベニーサウンドな極上アコースティック・シティポップ。

 

#4 Kicca / Angel

ソウル・ラテンジャズ&ポップバンド、Kicca&Intrigoのメインボーカルでもあるハスキーヴォイスが魅力的なイタリア産シンガー、 Kicca (キッカ)のソロアルバム『I CAN FLY』より。Feistのイタリア版といったような軽快なアコースティックポップ。

 

 

#5 Irene Nonis / This Love

こちらもイタリアから。イタリア老舗名門ジャズレーベルSchemaレコードより、地中海に浮かぶサルディーニャ島カリアリ出身のシンガー、 Irene Nonis (アイリーン・ノーニス)の新作。イタリアの売れっ子プロデューサー、ニコラ・コンテプロデュースによる、ノーザンソウルとソウルボッサがミックスされたような軽やかなナンバー。

 

 

#6 Jessica Mauboy / Listen to the Music

続いてオーストラリアから。オーストラリア、ノーザンテリトリー・ダーウィン出身のキュートなアイドルポップシンガー、オーストラリアのビヨンセこと(勝手に言ってます)、Jessica Mauboy (ジェシカ・モーボーイ)。イマドキのR&B系トラックが多い彼女の曲の中、カントリーシンガーのPatsy Cline、Dolly Parton、Slim Dustyを聴いて育った影響を感じる爽快カントリーポップ!彼女が主演するTVドラマサントラより。

 

 

#7 Anuhea / Here I Go Again

ハワイ(マウイ)生まれのハワイ育ちのロコ・シンガーソングライター、 Anuhea (アヌヘア)のちょっと古いですが2009年デビューアルバム『Anuhea』より。ハワイの風が駆け抜ける、どこで聴いても一気に気持ちが晴れそうな究極爽やかアコースティックポップ!

 

まとめ

爽やか! 洋楽 アコースティックポップ 特集でした。ドライブの時のプレイリストに入れておくといつもより気分良く運転できますよ!

-Indie
-,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。