秋ジャズ 特集~秋になったからJazzを聴こうか~

Jazz

 秋ジャズ 特集~秋になったからJazzを聴こうか~ということで、今年(2019年)は大型台風一過から急激に秋めいてきてましたが、段々と肌寒くなってくるこの季節にはやはり温かみのあるジャズが聴きたくなるもの。ここでは今年リリースした曲を中心にサクラタップス的視点で新鋭/ベテラン織り交ぜてセレクトしてみました。

こちらはオーガニック・ジャズ特集。あわせてどうぞ。

 

 

 

 

秋ジャズ#1 Leslie Odom Jr / Autumn Leaves 

まずはタイトルがそれなんで…ブロードウェイ俳優としてトニー賞、グラミー賞ウィナーでもある Leslie Odom Jr (レスリー・オドム・ジュニア)による1945年Joseph Kosma作曲、秋定番ジャズスタンダード。

Leslie Odom Jr. – Autumn Leaves (Official Video)

 

 

秋ジャズ#2 Melissa Aldana / Visions  

2013年のセロニアス・モンク国際ジャズ・コンペティションで最優秀賞を受賞したチリのテナーサックス奏者、 Melissa Aldana (メリッサ・アルダナ)の今年5月リリースアルバム『Vision』よりタイトル曲。情熱と躍動感に満ち溢れたチリ産ワインのような濃厚なサウンド。

Melissa Aldana – Visions [Audio]

 

 

秋ジャズ#3 Norah Jones / Begin Again 

オルタナ・ロックバンド”WILCO”のフロントマンであるジェフ・トゥイーディーやDovemanとしてソロ活動をしているピアニスト、トーマス・バートレットらとコラボレイトした7曲を収めたスナップショット的コンセプト・アルバム『Begin Again』からのタイトル曲。 Norah Jones らしいアコースティックな曲。

Norah Jones – Begin Again (Official Audio)

 

 

秋ジャズ#4 Chrissie Hynde / How Glad I Am 

ロックバンド、プリテンダーズのメンバーとして活躍した Chrissie Hynde (クリッシー・ハインド)による異色のジャズ・ポップアルバム『VALVE BONE WOE』より、1964年ナンシー・ウィルソンによって歌われたクラシックナンバー。

Chrissie Hynde – How Glad I Am (Official Audio)

 

 

秋ジャズ#5 Teotima / But I Can’t

ロンドンを拠点とするソウル/アフロ/キューバン・ジャズアンサンブル、 Teotima (テオティマ)のセカンドアルバム『Weightless』より、女性ボーカルEllie Rose Rusbridgeの伸びやかな歌声が光るアフロファンクチューン。

Teotima – But I Can't

 

 

秋ジャズ#6 Lauren Desburg / (Falling Like) Dominoes

LAを拠点とする新世代女性ボーカリストとして注目され、7月にブルーノート東京での公演もあった Lauren Desburg (ローレン・デスバーグ)の最新アルバム『Out for Delivery』より。彼女の透き通るような歌声は秋というより春夏系なんですが、カラっと晴れた秋空にもよく合います。

Falling Dominoes

 

 

秋ジャズ#7 Penguin Cafe / At the Top of the Hill, They Stood…

最後はジャズというよりAvant-pop、アンビエント系から。ペンギン・カフェ・オーケストラ(PCO)のリーダーのサイモン・ジェフスの息子、アーサー・ジェフスが父の遺志を受け継ぎゴリラズやスウェードのメンバーらと共に復活させた Puguin Cafe の最新アルバム『Handsfuls Of Night』より。広大な大地と地平線にまで広が続ける天空に響き渡るようなダイナミックサウンド。

 

まとめ

 秋ジャズ 特集~秋になったからJazzを聴こうか~でした。スタンダードナンバーからポップなもの、アンビエントまでセレクトしてみると幅広くなってしまいましたが、秋の夜長にじっくりジャズを楽しんでください!

 

 


ジャズランキング