Kokoroko / UKアフロジャズの大本命!

スポンサーリンク
KokorokoJazz
Pocket

ロンドンを拠点に活動するアフロビート・グループ、 Kokoroko (ココロコ)。

Nubya GarciaRosie Turtonらで構成された女性中心のジャズバンド、NÉRIJAにも参加しているトランペッター/コンポーザーのSheila Maurice-Grey(シーラ・モーリス・グレイ)が、トロンボーンのリッチー・シーブライト、ベースのムタレ・チャシ、ギターのオスカー・ジェローム、パーカッションのオノメ・エッジワース、キーボードのヨハン・ケベデ、ドラマーのアヨ・サラウらと2014年に結成した8ピースバンド。(現在はメンバーが若干変更されている)

ホーンを中心としたスピリチュアルでエネルギッシュなアフロビートやハイライフミュージック(西アフリカポップス)と、UKジャズインプロビゼーションが融合されたサウスロンドン・アフロ~カリビアンの現代ジャズシーンの息吹が凝縮されたグループです。

ジャイルズピーターソン主宰のBrownswood RecordingsがコンパイルしたUKアフロジャズのコンピレーションアルバム『We Out Here』の収録曲『Abusy Junction』でその傑出したジャムが披露され話題に。

その『Abusy Junction』を含んだセルフタイトルデビューEP以降、Urban Music Awards 2020、Parliamentary Jazz Awards 2021「Best Group」など、各メディアから高い評価を獲得しています。

そのKokorokoからまさに待ちに待った、待望のフルアルバムがBrownswood Recordingsより2022年8月5日リリースとの情報が届いたので、ってまだかなり先の話ですが早速レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Kokoroko : レビュー

Something’s Going On

アルバム『Could We Be More』から先行カット2曲。フェラ・クティ、トニー・アレン、エボ・テイラーらオマージュされているようなアフロビート~ハイライフな作品!

Kokoroko – Something's Going On

We Give Thanks

Kokoroko – We Give Thanks

Baba Ayoola – Live Session

バンドのサックス奏者でSEED Ensembleのバンドリーダーも務めるCassie Kinoshiの祖父へのオマージュソング、Baba Ayoola(+α)のライヴセッション。

女性3ホーンが素晴らしい、今一番ライヴ観たいバンドです!

Kokoroko | We Out Here: Online & On Air | August

 

UKアフロジャズの大本命、 Kokoroko (ココロコ)でした。アルバムのプロモーションで来日とかありますかね~。来日したら絶対に観に行きたいバンドです!!