少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Jazz R&B

Patrice Rushen / 80年代癒しソウルの極み

更新日:

Pocket

70年代~80年代に一世を風靡したR&Bソウルディーヴァの一人。ロサンゼルス出身のピアニスト/シンガー Ptarice Rushen (パトリース・ラッシェン)。

もともとはフュージョン畑ですが、JAZZ、R&Bをクロスオーバーしたサウンドとキュートで繊細な歌声で、数々の名曲を世に送り出した才女。

そのサウンドは現代R&B、ヒップホップも大いに影響を受けていることは言うまでもなく、数々のアーティストがカヴァーやサンプリングソースとして彼女の曲を引用しています。

今更ですが、やっぱり色あせない名曲の数々をご紹介しましょう。

Patrice Rushen
circa 1980s
© 1980 Bobby Holland

 

数ある Patrice Rushen の曲の中でも一番のお気に入り。癒しソウルの極み、"When I Found You"

 

これも名曲。オーガニック感漂う極上メロディとキュートな歌声が堪らない"Sattle For My Love" 、Music Soulchildもカヴァーしてました。


 

誰もが知っているその①、サンプリングソースとしてもカヴァーとしても、どれだけ引用されたでしょうか。R&Bの大定番曲"Remind Me"

 

誰もが知っているその②、Will SmithのMen In Blackでもカヴァーされた80年代ディスコの大定番曲であり、最大ヒット作、"Forget Me Nots"


 

84年作「Now」から、打ち込みビートとベースラインがファンクテイストな"To Each His Own"


この曲は当ブログでも紹介したNxWorriesがドープにサンプリング!

 

同じく「Now」から、この曲もサンプリングソースとしても有名ですね。"Feels So Real (Won't Let Go)"

 

最大ヒット作、「Straight from the Heart」の試聴はこちら。

 


ソウル・R&Bランキング

-Jazz, R&B
-, , , ,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。