R&B

【2019年だけど】 90年代 テイストな R&B 7選

投稿日:2019年9月19日 更新日:

Pocket

洋楽R&B市場において90年代サウンドというのは需要が尽きないようで、90年代R&Bサウンドをリメイクした曲がある一定量供給されているような気がします。H.E.Rや5th Harmonyなんかもこの手のサウンドからスタートしていますし、筆者も含め特にアラフォー世代以上の人たちには馴染みやすいサウンドですよね。

70年代や80年代サウンドのリメイクというか、インスパイアされているものは一周回って新しい世代の新しい解釈がなされているものが多いですが、この90年代サウンドはまだその当時を引きずっている印象を受けます。

ともあれ、90年代をリアルタイムに過ごしてきた世代にとってはネタ遣いやらサウンドメイクに「ニヤッ」としたり、当時を思い出して元ネタを聴き返したりといった楽しみ方ができるというものです。

今回は、そんな2019年なのに”90年代”テイストな R&B を特集します。

 

#1 Jane Handcock / 90’s Love

ラファエル・シャディークのバックアップによりデビューしたアメリカベイエリア、オークランド出身のシンガー、Jane Handcock による文字通りの90’sサウンド。オープニングは完全にJhane”Sending All My Love“へのオマージュですね。

 

#2 Kie / Go Crazy Go Stupid

もうネタが90年代(笑)。お馴染みThe Isley Brothers”Betweens The Sheets”ネタですが、よく聴いてみるとサビの感じとか音のカットとかを鑑みるにNotrious BIG”Bigpoppa”ですね。そのカラオケで歌ってる…てことか!?

 

 

#3 Teyana Taylor / How You Want It? feat. King Combs

Notrious BIGのプロデューサーでもある90年代を代表するプロデューサーと言えばPuff DaddyことSean Combsとそのプロダクションである”Bad Boy Entertainment”ですが、彼の息子である King Combs が父の薫陶受けてBad Boy Entertainmentの音をそのままに、現代アレンジで見事に蘇らせています!

出来た息子っぷりを是非!カニエ・ウェストの薫陶を受けた Teyana Taylor との共演!

 

#4 Savannah Cristina / What You Wont Do

こちらもネタが90年代(というだけかも)。フロリダ出身のシンガーソングライター&スポークワードを操る Savannah Cristina によるこちらもお馴染み、Bobby Caldwell “What You Won’t Do for Love”のリリックを引用。どこか歌い方がErykha Baduを彷彿しますね。

 

#5 Iyla / Shampoo

これもネタが・・・、LAベースの白人シンガー、LAっぽいビーツ系のポップR&Bをコンスタントにリリースしている Iyla の、これまた90年代をリアルタイムに過ごしてきたみんなが大好きJ Dilla系ヒップホップ、The Pharcyde “Runnin'”のサンプリングソースであるStan Getz and Luiz Bonfá “Saudade Vem Correndo”のギターリフネタ、というより単純に”Runnin”ネタ。

 

#6 Nicole Bus / You

再三のネタ…オランダ出身ながらゴスペルベースの本格派シンガー Nicole Bus がJay-Zが主宰するレーベル「ROC NATION」と契約してのデビューカット。そして90年代の東海岸を代表するヒップホップタレント軍団、”Wu Tang Clan”の名曲『C.R.E.A.M』で使われていた、The Charmels “As Long as I’ve Got You”の有名なピアノリフとサビを引用!

 

 

 

#7 BananLemon / Hey Mr. D.J.

東京発のイケてる日系ガールズ・スクワッド、BananaLemon が放つ90年代キラーチューンのリメイク!メインボーカルはなかなか本格的!

出ました90年代R&B系DJ必携ナンバー、プレイしすぎていわゆるジャケ崩壊No1レコード。このどこにも行けるしどこでも行ける(踊ってくれる)便利さったらなかったなぁ。

まとめ

2019年なのに”90年代”テイストな R&B でした。なんだか#1、#3以外は元ネタ=90年代という単純思考感もありますが、やっぱりそれ自体が90年代テイストそのものだったりもするのかなと思います。

 

2019年ホットなR&Bはこちら

2019年クールなR&Bはこちら

 

 

 


ソウル・RBランキング

-R&B
-

執筆者:

関連記事

Lack Of Afro ヴィンテージ感がハンパないソウル!

イギリスのリミキサー、プロデューサー、DJ、ピアノやサックス、ギターなどのマルチインストルメンタリストであるAdam Gibbons(アダム・ギボンズ)のプロジェクト、” Lack Of …

おススメ クールな インディR&B 7選【2019】

ホットなR&Bに続いて、この秋にじっくり聴きたいクールな インディR&B 7選をお送りします。 ここで紹介するアーティストたちも20年代の中心を担っていく存在になること間違いなし!今の …

オトナの【 バレンタインデー 】に聴きたい!メロウな洋楽17選

なんとなくですが、ハロウィンの盛り上がりと比べて バレンタインデー というイベントが年々地味になっているように思うのは気のせいでしょうか・・・、ってそうだ!単純に自分がその対象なってないだけだ!(悲) …

Gallant / セクシーで甘いファルセットボイスR&B

ワシントンD.C.で生まれ、現在はLAを拠点に活動している現代コンテンポラリー・R&B界男性部門の期待の新星歌手、 Gallant (ギャラント)。 2016年にリリースされたアルバム「 Ol …

Marsha Ambrosius / マイケルも唸らせた実力派シンガー

イギリス、バーミンガム出身で現在はアメリカ、フィラデルフィア、LA等で活動する実力派シンガー、女性デュオ、 Floetry (フロエトリー)のメンバーとしても有名な、 Marsha Ambrosius …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。