R&B

おススメ クールな インディR&B 7選【2019】

更新日:

Pocket

ホットなR&Bに続いて、この秋にじっくり聴きたいクールな インディR&B 7選をお送りします。

ここで紹介するアーティストたちも20年代の中心を担っていく存在になること間違いなし!今のうちにじっくりとチェックしておきたいですね!

 

#1 Lucky Daye / Misunderstood

NPR MusicのTiny Desk Concertに早くも登場するなど、この2019年にブレイクした注目の新人シンガー。デビュー曲でもある"Roll Some Mo"で既に完成されたクールなインディR&Bとセクシーなボーカルを披露し、いわゆるメインストリームのR&Bとは一線を画した存在感を示していた Lucky Daye のピアノをメインにしたジャジー・メロウチューン。

Tiny Desk Concertの模様はこちら。

 

#2 Cleo Sol / Sweet Blue

ロンドン出身のシンガーソングライター Cleo Sol 。キャリアとしては2011年デビューで、昨年の"Why Don't You"あたりからチェックしていましたが、今年リリースしたお気に入りUK女性ラッパー、Little Simzのアルバム「GREY AREA」の"Selfish"での共演で俄然注目度が増して(個人的にですが)きた中でのドロップ!母方がセルビア系、父方がジャマイカ系の両親を持った独特の存在感もまた魅力的。

 

その Little Simz との共演作。”Selfish"

 

#3 Ash Walker / Finishing Touch feat. Laville

R&Bというジャンルで紹介していいのか!?と怒られそうですが、ディープなジャジーブレイクビーツの世界を体現する新鋭UKクリエイター、 Ash Walker とアルバム「The Wonderer」をリリースしたばかりのロンドンの本格派ソウルシンガー、 Laville とのブラック&ファンクネスな競演。

 

#4 Joy Crookes / Hurts

こちらもイギリス、サウスロンドンを拠点とする若干20歳のハスキーボイスがキュートなシンガーソングライター、 Joy Crooks 。アイルランド系の父方とバングラディッシュ系の母方を持つCleo Solとちょっと似たバックボーンの持ち主で、MVを観るとやはりその存在感が、なんだかすごく魅力的な注目シンガー!

 

#5 Kyle Dion / Somethings We Can't Do

LA出身のdaniel caesar系?、D'Angelo系?なジャジーソウル&ファルセットボイスな注目の新人、 Kyle Dion 。今年3月にリリースされたデビューアルバム「SUGA」より、ジャジーでスタイリッシュなナンバー。

 

#6 Jeff Bernat / Wrong About Forever

アメリカネバダ州出身のフィリピン系アメリカ人。かなり地道にインディの世界で上質なコンテンポラリーR&Bをリリースし続けている Jeff Bernat の最新アルバム『She Loves Me Not』より。相変わらずのソフトタッチな心癒されるヴォーカルを聴かせてくれるメロウグルーヴナンバー。Mac Ayresが好きな人には特におススメ。

 

 

#7 Bryony Jarman-Pinto / Sun Kissed

トリはこの人。ジャイルズ・ピーターソン先生も太鼓判のUKジャジーソウル大型新人シンガーがBonoboやQuanticが所属するイギリスの名門インディレーベル、Tru Thoughtsよりデビュー。しなやかな歌声とオーガニック感のある大人なジャジーサウンドが見事にマッチした全曲激推し作品より!

 

まとめ

この秋にじっくり聴きたいクールな インディR&B 7選をお送りしました。ということでまずは今年2019年のトレンドとしてチェックしておきたいですし、2020年代を占う意味でも重要な7アーティストになるかも!知れません!

 


ソウル・R&Bランキング

-R&B
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。