Greg Foat / 気品漂うエキゾチック・ジャズファンク

greg foatJazz
スポンサーリンク
Pocket

イギリスを代表するピアニスト、コンポーザー、アレンジャー、 Greg Foat(グレッグ・フォート)。

数々のレアものジャズレコードのリイシュー(復刻)を世に送り出して、その筋のマニアから絶大な支持を得ているレーベル「JAZZMAN」からホーンセクションを擁したセッションバンド、The Greg Foat Groupで2011年より活動。

それ以来、サイケでエキゾチック、レアグルーヴ感たっぷりな独自のUKスピリチュアルジャズ・ワールドを構築し、ジャズシーンにその名を知らしめてきました。

ここ最近、ソロ名義でのアルバムリリースを連発しており2019年2月『The Mage』、同年11月『The Dream Jewels』、2020年7月に『Symphonie Pacifique』をリリース予定。

 

ジャズベースでありながら、ファンク、ヒップホップ、バレアリック、アコースティック、ロックの要素が混然一体となったチルアウト、ダウナーなグルーヴ感は聴き込んでよし、そして様々なシーンのBGMとしても重宝すること間違いなし!

今回はソロ名義アルバムからと、GFG(グレッグフォート・グループ)から2曲のおススメを紹介します。

 

スポンサーリンク

Greg Foat : レビュー

Symphonie Pacifique

2020年7月リリース予定『Symphonie Pacifique』より2曲。

ピアノとコーラスが美しいクリアでロマンティックなサウンド。

Symphonie Pacifique

 

 

Nikinakinu

うねるベースラインとトライバルなアフリカンビートが官能的なジャズファンク。

Nikinakinu

 

Of My Hands

The Mage』より。

アルバムからの1曲目、トリニダードのシンガーKathy Garciaをフィーチャーし、荘厳な雰囲気を持ち合わせたダウンテンポでフォークスケープな内容。

Greg Foat – Of My Hands [Audio] (1 of 7)

 

The Door into Summer 

The Dream Jewels』より。

アナログ感、ヴィンテージ感がひしひしと伝わってくるこの上なくグルーヴィな極上ジャズファンク。

共同制作のMalcom Catto(のスタジオで録音)らしいタイトでサイケなドラム/パーカッションが素晴らしい。

Greg Foat – The Door into Summer [Audio] (3 of 8)

 

 

Kushiro River

この『The Dream Jewels』には北海道の「屈斜路湖」「釧路川」というタイトルの曲が存在。

「屈斜路湖」はクラシックでフォーキーな内容、こちらの「釧路川」は川の流れをイメージしたようなリズミカルに展開するセッションサウンド。

Greg Foat – Kushiro River [Audio] (6 of 8)

 

 

Girl And Robot With Flowers (Part 6)

教会で録音された2012年作、同名タイトルでpt1からpt6まで、様々なアプローチで展開していくもの。

Greg Foatらしい荘厳で気品を感じさせるバレアリックサウンド。チルアウトにピッタリ。

Girl and Robot With Flowers (Part 6)

 

 

Hello Old Friend

桃源郷が拡がるような香気で美しいピアノが鳴り響く極上チルアウト。BadBadNotGoodThe Breathing Effectとも通ずるサイケデリックジャズファンク。

02 The Greg Foat Group – Hello Old Friend [Wah Wah 45s]

 

まとめ

気品漂うエキゾチック・ジャズファンク、Greg Foat(グレッグ・フォート)でした。

天才的なアレンジメント、ひとことでは言い表せない様々なエッセンスを絶妙に組み合わせたモダンでエレガントな世界観ですね。

どのアルバム、どこを取ってもおススメばかり。BGMとしても様々なシーンで活用できます。

▼最新作『Symphonie Pacifique』の予約はこちら▼