Okvsho / チューリッヒの兄弟ビートメイカー

スポンサーリンク
OkvshoCrossover
Pocket

スイス、チューリッヒ出身の兄弟ビートメイカー、DJデュオの Okvsho(オクヴショ)。

幼い頃からブラジルのパーカッショングループで音楽キャリアをスタートしたようで、ハンガリーやバルカン半島の伝統音楽なども吸収しながら、DJ、ビートメイキングに励みSoundcloudなどのプラットフォームを通じて自作を配信。

Bandcaomp上では2015年『Fuck The Hectics』を皮切りに2019年『Traphouse Jazz』まで、J Dillaを源流とするヒップホップ、ジャズ・ファンクとUKクロスオーバー・ジャズシーンが交錯する、DJ・ビートメイカーらしいインストルメンタル中心の作品をリリース。

2020年にリリースされたアルバム『Kamala’s Danz』ではそれまでの路線からより自分たちのルーツへと転換されたようなアフロ・ファンクやブラジル音楽とヨーロッパ音楽がミックスされた生演奏中心のジャズ・ネオソウルが展開されています。

続く2021年にアルバム『Orange Wine』がリリースされ、こちらも『Kamala’s Danz』路線を引き継ぎつつ、よりディープで陰影豊かなクロスオーバー・ジャズの世界を聴かせてくれる作品となっています。

スポンサーリンク

Okvsho : レビュー

Jusqu’ici tout va bien

Orange Wine』より。トライバルなリズムにホーンと捻りのあるベースアレンジが効いたラウンジ・ジャズ。

Jusqu'ici tout va bien

 

Cariño (feat. Sreya)

『Traphouse Jazz』より、滑らかなトラックとシルキーなボーカルが調和された癒し系ブラジリアン・ビート。

Cariño (feat. Sreya)

 

Kamala’s Danz

2020年アルバムからのタイトルトラック。アルバム全曲おススメです!

Kamala's Danz

 

チューリッヒの兄弟ビートメイカー、 Okvsho(オクヴショ)でした。

デュオというところだったりアプローチ的にはBlue Lab Beatsに近いですが、Okvshoは特に最近は生演奏・ブラジリアンへと傾倒した作品になっていますね。

Okvshoほかクロスオーバージャズはこちらもチェック。

【2020年】 おススメ クロスオーバー・ジャズ 15選
ヒップホップやエレクトロニカ、サイケやポストロックの影響を感じさせてくれる"クロスオーバー・ジャズ"シーンの2020年リリースアルバムから、サクラタップス音楽部がおススメする厳選16枚をピックアップ。NY、メルボルン、ロンドンなど、世界各地のシーンの中のアツいミュージシャンたち16組をご紹介します。