Jungle / モダンエレクトロ・ファンクバンドの雄

スポンサーリンク
Indie
Pocket

Tom McFarland(トム・マクファーランド)とJoshua James Lloyd-Watson(ジョシュア・ジェームズ・ロイド・ワトソン)を中心としたエレクトロ・ファンクバンド Jungle (ジャングル)。

ロンドン出身のTom McFarland(トム・マクファーランド)とJoshua James Lloyd-Watson(ジョシュア・ジェームズ・ロイド・ワトソン)がラップトップでの音楽制作に飽き足らず、バンド形式のプロジェクトをスタートしたのがきっかけで、2014年にリリースした自身のバンド名のアルバムタイトル「Jungle」をリリースし、BBC Sound of 2014にも選出。

その中のシングル”Busy Earnin’”でブレイクし、ファンクリズムにファルセットボーカルと情熱的なコーラスに加え、多くのプロダンサーによるミュージカル的でアーティスティックなMVが話題を呼びマーキュリー賞にもノミネートされ、瞬く間にXLレコーディングスの看板アーティストに成長。

2018年『For Ever』、2021年『Loving In Stereo』と、アルバムを重ねるごとにサイケデリックでモダンなエレクトロ・ファンクチューンに磨きがかかっています。

 

スポンサーリンク

Jungle : レビュー

レーベルをBonoboなどが所属するCaiola Recordsに移しての2022年作品。相変わらずのシネマティックでファッショナブルなファンクチューンに、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるダンサーMV。後半PROBLEMZは70年代風ディスコサウンド。

JUNGLE – GOOD TIMES / PROBLEMZ (Official Video)

 

2021年『Loving In Stereo』より、ゴスペルエッジなコーラスとグルーヴィーなベースラインが印象的なヌーディスコ。

JUNGLE – ALL OF THE TIME (OFFICIAL VIDEO)

 

Happy Man

MV含めて良い意味で期待を裏切らない  Jungle らしいエレクトロ・ファンクが炸裂。

Jungle – Happy Man

 

House In LA

サイケデリックなギターサウンドと美しいハリウッドヒルズの風景がマッチしたMVがGood

Jungle – House in LA

 

Heavy, California

ニュー・カリフォルニア・アンセム!

Jungle – Heavy, California

 

Busy Earnin

Jungle の代表曲の一つ。

Jungle – Busy Earnin'

 

モダンエレクトロ・ファンクバンドの雄、 Jungle (ジャングル)でした。イギリスのモダン・ファンクバンドの代表格としてSaultと双璧をなすバンドではないでしょうか。