Jungle / モダンエレクトロ・ファンクバンドの雄

Electronic
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレクトロニック・テクノの老舗レーベル「XL レコーディングス」所属のエレクトロ・ファンクバンド Jungle (ジャングル)。Tom McFarland(トム・マクファーランド)とJoshua James Lloyd-Watson(ジョシュア・ジェームズ・ロイド・ワトソン)を中心とした独特のエレクトロ・モダンなファンクチューンで脚光を浴び、2014年にリリースした自身のバンド名のアルバムタイトル「 Jungle 」をリリース。

それ以来の新作「Happy Man」「House In L.A.」が登場。

4年前の衝撃のデビュー作同様、レトロ且つサイケデリックでモダンなエレクトロ・ファンクチューンに仕上がっています。
アルバムリリースの詳しい情報はまだ出てないようですが、近く出るはずです。今後の動向が気になります。

 

レビュー

Happy Man

MV含めて良い意味で期待を裏切らない  Jungle らしいエレクトロ・ファンク炸裂な”Happy Man”

Jungle – Happy Man

 

House In LA

サイケデリックなギターサウンドと美しいハリウッドヒルズの風景がマッチしたMVがGood

Jungle – House in LA (Official Video)

 

Heavy, California

ニュー・カリフォルニア・アンセム!

Jungle – Heavy, California

 

Cherry

メロウ・モダンエレクトロ

Jungle – Cherry

 

Busy Earnin

前作から、Jungle の代表曲の一つ。MVがやたらカッコイイ”Busy Earnin'”

Jungle – Busy Earnin'

 

この人たちはどの曲もMVが凝っているというか、モダンでオシャレで好きです!

2018年9月14日・・・最新アルバム「 For Ever 」がリリースされています。

前作アルバム” Jungle “の試聴はこちらからどうぞ。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

洋楽ランキング