Ghost Funk Orchestra / 70年代ヴィンテージを感じるファズファンク

Ghost Funk OrchestraIndie
Pocket

作曲家/マルチインストゥルメンタリストのSeth Applebaum(セス・アップルバウム)を中心に結成されたNY・ブルックリンのソウル、ファンク、サイケロック、ポストパンクバンド、 Ghost Funk Orchestra (ゴーストファンク・オーケストラ)。

セス一人で立ち上げたこのプロジェクトは現在ではカレントメンバーだけで総勢9名ほどのミュージシャンが集合する大所帯なライブバンドとして進化。

70年代ヴィンテージ、B級映画サントラを思わせるファズを効かせたサウンドはファンクでもありロックでもありパンクでもあるような、アンダーグラウンドでサイケデリック、ミステリアスなサウンドスケープを構築していて、BandcampKUTXEarmilkなど音楽メディア、ラジオからも高い評価を得ています。

2016年『Night Walker』でデビュー、2019年『A Song For Paul』そして2020年11月に『An Ode To Escapism』がリリースされます。

テキサスのKhruangbin、イギリスのSaultLack Of Afro、あるいはオーストラリアのDojo Cutsあたりとシンクロするような相性の良さを感じさせるファンク・ロックサウンドをレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Ghost Funk Orchestra : レビュー

Fuzzy Logic

2020年11月リリース『An Ode To Escapism』からの先行カットを2曲。

70年代B級映画サントラに出てきそうな映像&トラックに、ブレイクでのぞかせるジャジーなエッセンスがセンス良いローファイサウンド。

Ghost Funk Orchestra – Fuzzy Logic [OFFICIAL VIDEO]

 

Queen Bee

タイトなベースラインとギターが鳴り響くファンクロックにストリングスをフィーチャーすることでスパイシーになり過ぎない、ほど良いソフトさも演出された曲。

このグループは「泥臭そうで泥臭くなりすぎない」アレンジが絶妙ですね。

Ghost Funk Orchestra – Queen Bee [OFFICIAL VIDEO]

 

Skin I’m In

2019年『A Song For Paul』より3曲。

セスが若かりし頃に大きな影響を受けた祖父の名「ポール」を冠してつけられたアルバムから、ダークでスモーキーなグルーヴにバリトンサックスのファンキーなショットが冴えるサイケロック。

Ghost Funk Orchestra – Skin I'm In [OFFICIAL VIDEO]

 

Isaac Hayes

同じく影響を受けたIsaac Hayesをまんまタイトルにつけた、シンプルだけどクセになりそうなガラージファンク。

Isaac Hayes

 

Walk Like A Motherfucker

ネーミングセンスが抜群なファンクチューン。そのままタランティーノ映画でサミュエル・L・ジャクソンあたりが歩いてくる絵が浮かぶ秀作。

Ghost Funk Orchestra – Walk Like A Motherfucker

 

Brownout

2016年『Night Walker』より。

Adrii Muñiz(アドリー・ミュニズ)によるセクシーな女性ボーカルに、ドライブするパーカッション&ドラムがラテンフレイバーを感じさせるハードファンク。

Brownout

 

まとめ

70年代ヴィンテージを感じるファズファンク、Ghost Funk Orchestra(ゴーストファンク・オーケストラ)でした。

前述しましたが、一見クセのあるサイケデリックファンクで「泥臭さ」を感じて途中でおなか一杯になったりしそうですが、随所に現代的なジャズ、プログレッシブ、ロックの要素をセンス良くブレンドさせているので過食気味にならないというのか、のどを通る作品になっていますね。

KhruangbinSaultが最近話題になって「ハネて」いますが、このグループもその可能性が充分にあるといえます。

現時点のバンドメンバーは以下。
– Julian Applebaum (Bass)
– Seth Applebaum (Guitar)
– Kyle Beach (Drums)
– Stephen Chen (Bari Sax)
– Laura Gwynn (Vocals/Keyboard)
– Romi Hanoch (Vocals/Percussion)
– James Kelly (Trombone)
– Joshua Park (Guitar)
– Rich Seibert (Trumpet)

▼Khruangbinの記事はこちら▼

Khruangbin / エキゾチックなタイ式ファンクグループ
エキゾチックで唯一無二のユニークなタイ式ファンクグループ、 Khruangbin (クルアンビン)。タイ音楽や、東南アジア、中東系音楽に影響された、何とも言えないエキゾチックさと東南アジア特有のキッチュさというか俗っぽさをエッセンスに加えたユニークでエキゾチックでメロウなファンクグループ。日本での人気も上昇中です。

▼Saultの記事はこちら▼

Sault / 感性が研ぎ澄まされるポストパンク&ファンクバンド
ディーン・ジョサイアが手掛ける謎多きポストパンク&ジャズファンクバンド、 Sault (ソー)。ザラツキ感のあるスネア音、揺らめくエレクトロピアノ、ディープなベースにサイケなギター、ブラックネスでファンクネスなボーカル&コーラスを聴いているだけで感性が研ぎ澄まされていきそうな、そんな感覚を覚えるバンドです。