SakuraTaps Music_2022年11月プレイリスト_”X-Over”

SakuraTaps Music_Playlist_Nov.2022_"X-Over"playlist
Pocket

当ブログのホームグラウンドである横浜桜木町、野毛にあるビアバー、SakuraTapsでは6時間半のプレイリストを毎月テーマを決めて作成しております。

お店のホームページはこちら。

Sakura Taps - CraftBeer & Coffee
横浜は桜木町、野毛の端っこでクラフトビールとコーヒーのバーがオープン!

2022年11月は”X-OVER“と題し、ロンドン、LA、メルボルン、テルアビヴなどなど各都市で注目のフューチャージャズ、ジャズエレクトロニカ、チルヒップホップを中心としたタイトル通りのジャズクロスオーバー特集です。

プレイリストはこちら。

 

ここではそのリストの中からハイライトしていきたいと思います。

スポンサーリンク

SakuraTaps Music_Playlist_Nov.2022_”X-Over”

Conor Albert – You Make Me Feel So Good 

サウスロンドンの天才マルチインストゥルメンタリスト、Conor Albertから、ブルーノートの名作カバー企画『Blue Note Re:imagined』の第二弾に収録されたBobby Humphreyの1975年作のカバー。

You Make Me Feel So Good

 

Conor Albert / サウスロンドンの天才マルチインストルメンタリスト
サウスロンドンを拠点とするマルチインストゥルメンタリスト、ソングライター、プロデューサーの Conor Albert (コーナー・アルバート)。ジャズ、ソウルをベースに甘く美しいピアノメロディ、さわやかなギターリフ、ディスコグルーヴを取り入れた鉄板のサウスロンドンサウンドです。

 

 

Amanda Whiting – Too Much

イギリス、ウェールズのジャズハーピスト、Amanda Whitingのアルバム『Lost In Abstraction』から、高貴なハープが揺れ躍り、ベース、ドラムが自由に行き来するアンサンブル。

Too Much

 

 

オーストラリアのブリスベンの6ピース・ジャズファンクバンド、First Beige30/70 CollectiveAllysha Joyのボーカルをフィーチャーした、純度100%のオーストラリア産フューチャージャズファンク。

First beige / Sudden Weight (ft. Allysha Joy) [Official Visualizer]

 

前述30/70 Collectiveのサックス奏者 Joshua Kelly が立ち上げたフューチャージャズバンドJK Groupより、The Comet Is Comingのオーストラリア版のようなサックス吹き荒れるスペイシー・フューチャージャズ。

JK Group – Find Joy

 

 

Buttering Trio – Close to You

イスラエル、テルアビヴを代表するフューチャーソウルバンド、Buttering Trioのアルバム『Foursome』より、独特の雰囲気を醸し出すBeno HendlerベースラインをメインにKeren Dunの浮遊感のあるボーカルによる2パートコードサイクル。

Close to You

 

Buttering Trio / テルアビヴ出身の世界が注目するフューチャーソウル・バンド
イスラエル、テルアビヴ出身の3ピースバンド、 Buttering Trio (バターリング・トリオ)。ファンク、エレクトロニック、ジャズをベースに中東のエキゾチックさとサイケデリックを組み合わせた色彩豊かなフューチャーソウルです。

 

 

Ryan James Carr , CARRTOONS – By Your Side

カンザスシティのドラマー、ビートメイカーのRyan James CarrとNYのベーシスト/マルチ・インストゥルメンタリストであるBEN CARRのプロジェクト、CARRTOONSのCARR繋がり(血縁関係あるのか?)のコラボ作。

ノスタルジックでドラマティックなドラミングと美しいピアノ&ギターの組み合わせによる美麗インストルメンタル。

By Your Side

 

サウスロンドンのジャズ・ファンキストドラマー、HENRY WUことKamaal Williamsの新作。エレクトロニック寄りのHENRY WU名義らしいディープ&アンダーグラウンドトラック。シブい!

HENRY WU PHONE CALL

 

Wings of Light – He Loves You

かなりレアなアメリカのクリスチャンシンガーズバンド、Wings of Lightの1979年セルフタイトルアルバムから。

これはイイですね~、SEAWINDの名曲「HE LOVES YOU」を原曲の軽快さにゴージャス感が加わった名カバー。

He Loves You

 

Man in a Loft – Subtle Passion

LAのダウンテンポ、チル、エレクトロニカプロデューサー、Man in a LoftのEP『Timeless V2: Introductions』より、跳ねるビート、ループするピアノとボイスフックに引き込まれるチル・ジャジーエレクトロニカ。

Subtle Passion

 

 

名古屋出身、ラ・サール→東大出のエリート日本人トラックメイカー、STUTSの最新アルバム『Orbit』からのジャジーヒップホップ・インストルメンタル。

STUTS – Back & Forth

 

 

Maya Delilah – Harvest Moon

最近ユニバーサルからブルーノートへと移籍し第一弾”Pretty Faces”をリリースしたロンドンの注目SSW/ギタリスト、Maya Delilahの前出Conor Albertと同じ『Blue Note Re:imagined』から、Cassandra Wilsonの”Harvest Moon“を素朴なギターサウンドでカバー。

Harvest Moon

 

まとめ

今回は、野毛のビアバー、サクラタップスのBGM、SakuraTaps Music_Playlist_Nov.2022_”X-Overからピックアップしてご紹介しました。

横浜やみなとみらいに来られる機会がありましたら、野毛のサクラタップスにも是非お立ち寄りください!