洋楽カバーソング / 個性的アレンジが秀逸な名曲カバー 12選

洋楽カバーソングplaylist
スポンサーリンク
Pocket

世の中には様々な 洋楽カバーソング が存在しますが、今回は名曲、ヒット曲の中から個性的アレンジが秀逸な名曲カバーをサクラタップス音楽部的視点でセレクトしてご紹介します。

カバーというとジャズやボサノバにアレンジしたものや、原曲を忠実に受け継ぐものも多くありますが、今回はそういうものではなく、原曲の面影は残しつつも新鮮なアプローチで原曲の魅力を違う形であらわした、「アレンジの妙」を楽しんでいただけたらと思います。

では早速いってみましょう。

 

スポンサーリンク

Drake – Hotline Bling

2015年ドレイクのUSチャート2位のヒットシングル。元々はD.R.A.Mの『ChaCha』のリミックスとして制作されていたものがスピンオフしたもので、Timmy Thomasの71年『Why Can’t We Live Together』のイントロダクションをサンプリングソースに使ったR&B寄りの楽曲。

賛否両論のあったMVや歌詞を扱ったパロディや公式非公式含め多くのカバーが存在しますね。

Drake – Hotline Bling
AmazonでDrakeのアルバムを見る RakutenでDrakeのアルバムを見る
Bearface – Hotline Bling

オルタナティブヒップホップバンド、BROCKHAMPTON(ブロックハンプトン)のメンバーでもあるアイルランド出身のアーティスト、Bearfaceによるドリーミーなアレンジによるカバーが秀逸。

Bear//Face – Hotline Bling

 

 

Drake – Passionfruit

こちらもドレイク、2017年USチャート5位のヒット作。

イギリスのソングライター、プロデューサーのNana Rogues(ナナ・ローグス)をプロデューサーに迎えてのメロディアスなトラックと、ドレイクお得意のややネガティブな恋愛リリックによるジャンルレスなサウンド。

Passionfruit
AmazonでDrakeのアルバムを見る
Yaeji – Passionfruit

コリアンアメリカンの人気DJ、プロデューサーのYaeji(イェジ)によるカバー。女性が歌うことで、元のしっとり感の倍増度とともにエレクトロニック系アレンジによる透明感も素晴らしいですね。

Passionfruit
Benny Sings – Passionfruit

こちらはオランダのポップマエストロ、ベニー・シングスStones Throwレーベル移籍第一弾として放ったのがこのカバーですね。ベニーシングスらしい軽快なサウンドとどこかあっけらかんとした歌い方がまたいい味出してます。

Benny Sings – Passionfruit

 

Estelle – American Boy feat. Kanye West

イギリスのシンガー、EstelleKanye Westとコラボレートした2008年の大ヒット作にしてグラミー受賞作。爽やかで軽快なディスコ・ファンクサウンドとスッと入ってくるキャッチーなメロディ展開は2020年現在でもまったく古さを感じさせませんね。プロデュースはBlack Eyed PeasWill I Am(ウィル・アイ・アム)。

Estelle – American Boy (feat. Kanye West) [Official Video]

元々はWill I Amのこの曲が原曲。

Impatient
Cocoon – American Boy

フレンチポップ・デュオのCocoonが3年後の2011年にカバー。ギターポップなアレンジは、こちらが原曲かと思わせるぐらいバッチリハマってます。おススメ。

Cocoon – American Boy
Ta-ku ft. Wafia – American Girl

オーストラリアのチル・ヒップホッププロデューサー、Ta-kuによるアレンジは思いっきりダウンビートに仕上げた幻想的なアンサーソング。

Ta-ku ft. Wafia – American Girl

▼チルヒップホップ特集はこちら▼

【 チル・ヒップホップ 】進化し続けるハイブリッドサウンド 11選
プレイヤー/リスナーともにミレニアル世代後半からZ世代が中心となり、様々な音楽を吸収、チョップアンドスクリュードしながら進化し続けるモダンなハイブリッドサウンドが生まれてきます。今回はそんなハイブリッドサウンド、ここではチルヒップホップ~ポストヒップホップとして、世界各国11のアーティストをご紹介します。

 

The Weekend – Can’t Feel My Face

言わずと知れたザ・ウィークエンドの2018年大ヒット作にして新時代、あるいはダークなマイケル・ジャクソンと評された曲です。

The Weeknd – Can't Feel My Face (Official Video)
IYES – Can’t Feel My Face

イギリス、ブライトンのインディポップ・エレクトロポップ男女デュオ、IYESによるカバーは原曲の情熱さとは真逆のクールさを貫いたローファイカバー。

IYES – Can't Feel My Face (The Weeknd Cover)

 

Spice Girls – Wannabe

全世界のポップチャートを席巻した96年のスーパーガールズグループSpice Girlsによるスーパーヒット。どこをどう切り取っても「ザ・ポップス」ですね。90年代を象徴する曲のひとつです。

Spice Girls – Wannabe
Herve Pagez, Diplo – Spicy feat. Charli XCX

これを2019年風にアレンジすることこうなる、というカバーというよりもリメイクに近いですね。フランスのプロデューサー、Herve Pagsと人気DJ、Diploの組み合わせにChali XCXがボーカルっていうところがイイですね。遊び心ある展開が◎

Herve Pagez, Diplo – Spicy (Official Video) ft. Charli XCX

 

 

Midnight Star – Midas Touch

80年代を代表するエレクトロ・ファンクバンド、Midnight Starのアーバンで煌びやかさのあるサウンドと男性的なボーカルワークが素晴らしい1986年作のダンスクラシック。

Midnight Star – "Midas Touch" (Official Video)
Ellie Goulding – Midas Touch

このコテコテのアメリカン・エレクトロ・ファンク・ブラックミュージックを、イギリスのプロデューサーBurnsとイギリスのバリバリのポップシンガー、Ellie GouldingがUKエレクトロニックにカバー。新鮮!

Ellie Goulding X Burns – Midas Touch

 

David Bowie – Let’s Dance

こちらはイギリスの孤高のポップ・ロックスター、故David Bowie(デビッド・ボウイ)の本国だけでなくUSチャートでも1位を獲得した1983年大ヒット作。プロデュースはCHICのナイル・ロジャースによるもの。

David Bowie – Let's Dance (Official Video)
Emika – Let’s Dance

ベルリンを拠点にするトリップホップ、テクノ系女性アーティスト、Emikaがカバーしたコンテンポラリー・クラシックとエクスペリメンタルが交錯するなんとも幻想的な電子音楽。

Emika – Let's Dance [Shocklee-Emikaized Version]

 

Inner City – Good Life

デトロイトテクノ・シカゴハウスの聡明期に活躍したケヴィン・サンダーソンを中心としたデトロイトで結成されたグループ、Inner Cityの1988年クラブヒット曲にして『Big Fun』とともにグループの代表曲。

デトロイトテクノをより聴き易くしメジャーにした一曲で、スティーブ “シルク”ハーレーによるリミックスは当時のクラブではヘビーローテーションでした。

Good Life
Eugene Tambourine – In The Good Life

ニューヨークベースのDJ、マルチインストルメンタリストのEugene Tambourin(ユージーン・タンバリン)による、オリジナルにはないダビーでバレアリック感のあるアレンジが素晴らしい。

In The Good Life

 

Joe Jackson – Steppin’ Out

イギリスの鬼才マルチプレイヤー、Joe Jacksonのアメリカでの大ヒットアルバム、『Night and Day』からの代表曲。

シンプルなリズムマシーン、ピアノメロディ、ジョー・ジャクソンのボーカルコントラストがどこか妖艶であり魔訶不思議な都会の夜の世界観を醸し出していた1982年の名作。

Joe Jackson – Steppin' Out (Official Video)
AM & Shawn Lee – Steppin’ Out 

サイケ&エレクトロニックの鬼才コンビ、AM&Shawn Leeによるダウンビートでサイケなアレンジが素晴らしい仕上がり!

AM & Shawn Lee – Steppin' Out [Official Audio]
Fantastic Plastic Machine – Steppin’ Out

こちらも有名カバーではないでしょうか。FPMによるボッサラウンジなカバー。

Steppin' Out (Costes re-edit)

 

▼80年代ポップス特集はこちら▼

【洋楽】今でもイケる80年代MTV全盛時代 名曲ポップス 17選
80年代MTV全盛時代の 名曲ポップス 、単純に懐かしいだけでなく今の音楽シーンの視点から見ても遜色ない、違和感ない曲をサクラタップス音楽部視点でセレクトしています。当時のMTVでもよく流れていた「定番曲」から「久々に聴く!」曲までポップス中心の17選です。

 

Alexander O’Neal & Cherrelle – Saturday Love

80年代王道のデュエットR&Bソング。妖艶アダルトな世界観を演出する煌びやかなシンセエフェクトがたっぷりと施された、プロデューサーのJam&Lewisらしいサウンドワーク。

Alexander O'Neal & Cherrelle – Saturday Love (audio only)
Toro Y Moi – Saturday Love

チルウェーヴの雄、トロ・イ・モアによる一人カバー。デュエットソングをあえて一人でカバーしたというところを評価したいですね。

Toro Y Moi "Saturday Love"

 

Bill Withers – Lovely Day

ビル・ウィザースによる1977年の誰もが知っている代表曲。名曲なだけに、Maroon5Jill ScottJose Jamesなど有名アーティストによるカバーも多くリリースされていてます。

Bill Withers – Lovely Day (Audio)
Robert Glasper Experiment – Lovely Day

Robert Glasper Experimentによるカバーを取り上げてみました。 ロバートグラスパーによる美しいピアノと、エクスペリメントお馴染みのボイスエフェクト(ボコーダー)を採用したボーカルのアレンジが素晴らしい。あまり奇抜なアレンジが難しい気がするこの原曲を上手く「いじって」いますね。

Lovely Day

 

Marvin Gaye – Let’s Get It On

マーヴィン・ゲイによる1973年作品。官能的でセクシーな表現によるマーヴィン・ゲイの魅力が詰まった『What’s Going On』と並ぶ70年代ニュー・ソウル屈指の名曲です。

Let's Get It On
dvsn – Let’s Get It On

ドレイク率いるOVO SOUND所属のR&Bディオ、dvsn(ディヴィジョン)によるカバーは、官能さを残しつつダウナーでチルに仕立てたアーバンナイトチューン。

dvsn – Let's Get It On (Marvin Gaye Tribute)

 

 

洋楽カバーソング / 個性的アレンジが秀逸な名曲カバー : まとめ

個性的アレンジが秀逸な名曲カバー 12選でした。いかがでしたでしょうか。

守りに入ったような忠実なカバーでもなく、アレンジが奇抜すぎてもなく、ほど良い塩梅にカバーするアーティスト側の個性が主張されている作品たちではないでしょうか。この辺りを攻めるのもやはりセンスがないとなかなかできない芸当ですよね。

まだこういったカバーがあるような、見逃しているきがしますので見つかったら随時追加していきたいと思います。