少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Electronic Indie

Toro y Moi トロ・イ・モア チルウェーヴの代表格

更新日:

Pocket

サウスカロライナ州出身、現在はLAを活動拠点としている、若手エレクトロ・シンセポップ、チルウェーヴの代表格とでも言いましょうか、アフリカンアメリカンの父とアジア系の母を持つ、どこか日本人にも親しみやすい顔立ちの、チャズ・バンディックこと" Toro y Moi "(トロ・イ・モア)

フジロックやTaicoClubにも出演しているので、日本でもかなり人気の高いアーティストですね。

前途の通りチルウェーヴの代表格でもありますが、ジャンルとして捉えるとかなり広いんじゃないかと思います。曲によってはかなりインディロックやファンクの要素も多分に含まれ、特にアルバム「What For?」ではその要素が強かったんですが、2017年作「Boo Boo」ではチルウェーヴとしての新たな方向性を示した作品になっています。

また、今年7月にはフィラデルフィアのラッパー、 Rome Fortune (ローマ・フォーチュン)とのコラボEP、「 TORO Y ROME VOL. 1 」をリリースしています。

今までのアルバムリリースはこちら。

Discography

Causers of This (2010)
Underneath the Pine (2011)
Anything in Return (2013)
Michael (as Les Sins) (2014)
What For? (2015)
Boo Boo (2017)

今回は、最新コラボEP、「TORO Y ROME VOL. 1」と、サクラタップスでセレクトしている曲を中心にご紹介します。

Review

アルバム「Boo Boo」から。このアルバムで最もチルなスムーストラック"You and I"

 

同じく「Boo Boo」から。疾走感あふれるビートとベースラインが印象的な"Inside My Head"

 

こんなのもやるんだ。な、Cherrelleの1985年R&Bヒット曲、"saturday Love"の Toro y Moi 的解釈のカバー

 

とあるコンピレーションアルバムに収録されている"Omaha"、インディロックに近い作り。

トランプ大統領就任を受け最初の100日間の就任で、この政権の脅威になる原因を守るためのキャンペーン『Our First 100 Days』」というコンピレーションアルバムに収録

 

アルバム、"Underneath The Pine"から。代表曲、"Still Sound"

 

Rome FortuneとのコラボEP、「TORO Y ROME VOL. 1」から。Pitch ForkBest New Track選出されているフューチャーヒップホップ、"Pitch Black"

Sample

2017年作「Boo Boo」の試聴はこちらから。

今回紹介できませんでしたが、2015年作「What For?」も評価の高いアルバムです。

 


インディーズランキング

-Electronic, Indie
-, ,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。