AOR Indie Neo-Soul

PREP / モロ80年代なシティポップバンド

投稿日:2018年4月29日 更新日:

Pocket

ロンドンのインディーポップバンド、” PREP “(プレップ)。かなり80年代シティポップやAORを地でいってる作風で、なんとなく角松敏生とかブレッド&バター、大瀧詠一、山下達郎等、日本のその時代の音楽をも彷彿とさせてくれます。

ヒップホップ・プロデューサーやクラシック/オペラ・コンポーザー、ハウス・ミュージックDJ、スタジオシンガーで結成された実力派バンドでもあります。

では曲紹介。

 PREP のデビュー曲、”Cheapest Flight”、ジャケットに日本語で「格安航空券を予約する」だって。。。まぁその通りなんでしょうけど。ジャケットデザインがもうそのテイスト。

 

“Cheapest Flight”同様、80年代シティポップの雰囲気を残しながらもエレクトリックでアッパーな”Don’t Bring Me Down”

 

ミディアムテンポのメロウ・シティポップ、”Future”

 

韓国の歌手、DEANをフィーチャーしたR&Bグルーブな”Cold Fire”

 

 

Don’t Look Back (feat. Shownu & So!YoON!)
新作EP「Line By Line」から。こちらも韓国の人気バンド、MONSTA XのボーカルShownuと、インディ系ポップバンド、Se So NeonのSo!YoON!をフィーチャーした哀愁漂うシンセポップ。

 
 

ノスタルジックな要素を持ちながらR&B〜ネオソウル~AOR〜シティ・ポップと幅広いリスナーにアプローチする内容になっていておススメです!

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

-AOR, Indie, Neo-Soul
-,

執筆者:


  1. […] 前々回紹介した、PREPに近い80年代風シンセポップ+涼しげなギターがこれからの季節にピッタリなBGMに入れておきたい春夏サウンド! […]

  2. […] アルバムジャケもPREPの記事でもそうでしたが大瀧詠一風です。なんでも、大瀧詠一のアルバムジャケを手掛けていた巨匠イラストレーター 永井博氏の手によるジャケット・デザインらしいです。 […]

関連記事

Au Dre / 現代版ニュー・ジャック・スイング!

オーストラリアはメルボルンをベースに活動する、男女2人組みのエレクトロニック・ダンス・プロジェクト、 Au Dre (オー・ドレー)。”Au Dré”が正しい表記かな。 オース …

Paul White 遊び心満載なサイケ・ポップアルバム

イギリス、ロンドンで活動するビート・メイカー・プロデューサー、” Paul White “(ポール・ホワイト)。 デトロイトのラッパー、Danny Brown(ダニー・ブラウン …

KING ジワジワくる3人組ネオソウルグループ

ミネソタ出身の女性3人組、” KING “(キング)。Amber(アンバー) StrotherとParis(パリス) Strother のストローザー姉妹に、その友人Anita Bias( …

Talkie サンフランシスコ発! 爽やかインディポップ

サンフランシスコ出身の4人組。Eric Martin(エリック・マーティン)、Christopher Isaacs(クリストファー・アイザックス)、Bradley Hagmann(ブラッドリー・ハグマ …

Radiant Children ロンドン発、ハイセンスなネオソウル・プロジェクト

イギリス、ロンドンをベースに活動するソウル、ファンク、ジャズ、R&Bフォームなトリオ・プロジェクト、“Radiant Children”(ラディアント・チルドレン)。 …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。