少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

AOR

Young Gun Silver Fox / 現代版ウェストコースト AOR

更新日:

Pocket

Mamas Gunのフロントマン、Andy Platts=アンディプラッツ(Young Gun)と鬼才インストルメンタリストとしてAMとのコンビや「Ping Pong Orchestra」で数々の名作を残してきたShawn Lee=ショーン・リー(Silver Fox)によるデュオプロジェクト、 Young Gun Silver Fox  (ヤングガン・シルバーフォックス)

各々がロンドンとLAで活動し、Mamas Gunではモダンソウル、Shawn Leeはジャンルレスなオルタナティブ・ファンクの世界を表現してきた二人が行きつく先は、「70年代後半のWest Coast AORのスタジオサウンドをモダンに再構築したもの」・・・。

そう、まさにウェストコーストサウンドへの愛が溢れたオマージュ、初めて聴いたときは70年~80年代の曲ですよね・・・と勘違いするくらい70年代AORが見事に蘇った作品になっています。

 

70年代~80年代AOR特集はこちら。

 

 

Discography(アルバム)

West Coast End (2015)

AM Waves(2018)

今年に入って2作目、「AM Waves」がリリースされています。

相変わらずのBoz Scags、Bobby Caldwell、Pages、Lee Ritenour、Steely Dan等々を想起させるサウンドがよりパワーアップされています!

 

Review(レビュー)

Love Guarantee

新作「AM Waves」から。ギターリフガ小気味よい山下達郎系シティポップス。

 

Take It Or Leave It

70年代後半AORを見事に再現、この時代のすべてのグループに似ていながらも現代風のトラックメイキングで仕上げているところはさすが!

 

Kingston Boogie

ウェストコースト・ディスコブギー!

 

You Can Feel It

前作「West Coast End」より、代表曲。この曲初めて聞いたときはホント、70年代のAORだよねぇ・・・って思いました。

 

Emilia

Shawn Leeっぽさを感じさせてくれながらもMamas Gunも感じることができる、まさにこの二人の魅力がたっぷり詰まった曲。おススメ。

 

AM & Shawn Lee - Steppin' Out

おまけ。お気に入り。Shawn Leeによる、Joe Jacksonの名曲"Steppin' Out"のカバー。

 

まとめ

現代版ウェストコーストAORの風、 Young Gun Silver Fox  でした。

Andy Platts、Shawn Leeそれぞれの活動と、このデュオで聴き比べてみると「似て非なるもの」感がすごく面白いですし、なぜだかそれぞれの活動もより魅力的に感じてきますね。

 

 

 

 


洋楽ランキング

-AOR
-, ,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。