【洋楽】 深夜に聴きたい極上エレクトロブギー 8選

【洋楽】 深夜に聴きたい極上エレクトロブギーElectronic
Pocket

モダンディスコ~ポストディスコ、ディープハウス、バレアリックサウンドに至る中から、深夜に聴きたくなるようなディープな世界観の曲・アルバムをご紹介します。

真夜中のドライブやベッドルームのBGMとして聴きたい極上エレクトロブギー8選です。

スポンサーリンク

【洋楽】 深夜に聴きたい極上エレクトロブギー 8選

欧州ディープハウスを牽引するイギリス、エディンバラの鬼才Linkwoodとイギリスのコンポーザー/ピアニスト、Gavin Sutherlandによるアンビエントプロジェクト、Other Landsとのタッグ。

都会を駆け巡るような煌びやかなエレクトロチューン。

Linkwood & Other Lands – Theme for City [Audio]

 

 

Black Jazz Consortium feat. Trovao Rocha, Leonardo Peretti Reibnitz, Leo Vieira – Another Path

USアンダーグラウンドハウスの雄、Fred Pによるソロプロジェクト、Black Jazz Consortiumから、ダーク&ジャジー&トロピカルな一曲。

このアルバム全部を通して真夜中に聴きたいミッドナイト・アンセムです。

Another Path

 

 

Vakula – Joiwind

東ヨーロッパディープハウスシーンからウクライナの才人、Vakulaの2018年作。鳥のさえずりによる南国的雰囲気をまとったダウンビート。混迷するウクライナ情勢の終息に思いを馳せながら聴きたい。

Joiwind

 

 

Ed Longo ,The Applied Arts Ensemble – A Palm In The Closet

ドイツのDJ、プロデューサーEd Longoと彼のスタジオプロジェクトであるアンサンブルで送る、玄人感満載のエレクトロフュージョン~ジャジーブギーに南国的清涼感を加えた聴き心地抜群のサウンド。

A Palm In The Closet (Original Mix)

 

 

Shinichiro Yokota – Tokonoma Funk

ジャパニーズハウスの先駆的プロデューサー、Shinichiro Yokotaの2021年アルバム『Tokonoma Style』より。レトロ感あふれるビンテージシンセの応酬でヤラれる床の間ファンク!

Tokonoma Funk

 

 

A Vision of Panorama – Purple 

バレアリック・エレクトロブギーの使い手、A Vision of Panoramaより、セクシーな女性ボーカルに酔いしれる極上シンセ・ブギー。

Purple

 

Groove ArmadaのメンバーでもあるTom FindlayJames Alexander Brightによるユニット。80年だブギーファンクをベースにコズミックでジャジーなサウンドと、透き通るようなシンセとコーラスが絶妙にマッチ。

Bright & Findlay – Slow Dance (Jazz Mix) [Audio]

 

南イタリア出身のプロデューサーFRANCESCA MACRIによるプロジェクト、System Olympiaより、ブライアン・フェリーあたりを彷彿とさせる80年代シンセポップとセクシーで官能的なバイヴスの組み合わせ。

System Olympia – 6am Romance

 

 

まとめ

【洋楽】 深夜に聴きたい極上エレクトロブギー 8選

夜のお供に、ぜひアルバムもチェックしてみてください!