【2019年】 現代ジャパニーズ・ シティポップ 特集

現代ジャパニーズ・シティポップJ-POP
Pocket

80年代の シティポップ の再興により次世代シティポップ人気も盛り上がっている中、当ブログでも80年代シティポップをいくつかご紹介してきましたが、ここで”現代ジャパニーズシティポップ”にスポットを当ててみたいと思います。

とは言いながら、このページにたどり着いている時点で知ってる人たち、曲ばかりかもしれませんがお付き合いいただければ、そしてこの人たち知らなかったとか知ってても共感してもらえると嬉しいです。

ここ1年前後にリリースしている曲中心にご紹介。

80年代シティポップのページでも述べていますが、「シティポップ」という言葉自体が感覚的なものなので、ここでも言ってみればジャンル自体の概念がないセレクトのような気がします。

そして最近の日本の曲はもう洋楽が日常にあった(あるいはその影響を受けた音楽を聴いてきた)世代なので当然、今の洋楽ともほとんど違和感なく聴けますよね。

 

スポンサーリンク

現代ジャパニーズ・シティポップ : レビュー

#1 Kick a Show 

今年の「りんご音楽祭」にも出演していた注目のアーティスト、キッカ・ショウ

90年代以降の洋楽R&Bの影響を受けたストレートなR&Bサウンドと日本人好みなスタイリッシュなボーカルワークが魅力。

このOriginal LoveのジャパニーズR&Bの名曲『接吻』や、Glover Washington Jr.の日本人ならみんな大好き”Two Of Us“なんかも果敢にカバーし、出来栄えも素晴らしい。

Kick a Show – 接吻

Kick a Show – 接吻 ( Official Visualizer )

Kick a Show – Super Hero

因みにこの曲なんかは思いっきりニュージャック・スウィングしてます。
Kick a Show – Super Hero (Feat. eill)

 

 

 

#2 Neighbors Complain

大阪出身の4ピースバンド、ネイバーズ・コンプレイン

こちらもR&B寄り、Kick a Showよりももう少し70年代~80年代のポップなファンク色をまとったサウンドで聴き易いです。

Neighbors Complain – LST/D

NEIGHBORS COMPLAIN "LST/D" (Official Music Video)

Neighbors Complain – Shine On

NEIGHBORS COMPLAIN "Shine On" (Official Music Video)

 

 

#3 SPiCYSOL 

SPiCYSOL – Traffic Jam

すでに人気沸騰中のバンドですね。

こちらもR&Bベースにロックやポップスのテイストをうまく取り入れた「Surf Beat Rock」というスタイルを掲げています。スタイル通り、どの曲も夏向け爽やかサウンドで気分を上げたいときにピッタリ。

SPiCYSOL – Traffic Jam [Music Video]

SPiCYSOL – Mellow Yellow

ベストトラックはやはりコレ。テラハでかかってた?のかは知りませんが・・・
SPiCYSOL- Mellow Yellow(MV)

▼2020年4月リリースのアルバム『The-UKiMAMA’N’i』も超おススメ!▼

 

 

 

#4 TENDRE

マルチインストルメンタリストである河原太朗のソロ・プロジェクト、テンダー

この人もR&Bベースで非常にセンスの良いサウンドメイクと、独特の、ある種淡々とした歌いっぷりが結構クセになります。どの曲も本当にセンスいい。

TENDRE – Document

TENDRE – DOCUMENT (Official Music Video)

TENDRE – Life

TENDRE – LIFE(Official Music Video)

 

 

#5 THREE 1989

今一番好きなグループですね。1989年、平成生まれの三人組(ほとんどそうか?)。

90年代R&B/ファンクやニュージャック・スイングと日本人らしい爽やかメロディが見事にマッチしていてどの曲もセンス抜群なんです。が、ただそれだけじゃなく、曲も歌詞もどこか野暮ったさを残している、あえてそう言ったエッセンスを楽しんでいるようなところに感服!

THREE 1989 – DA・KE・DO

DA・KE・DO – Music Video / THREE1989

THREE 1989 – UNIVERSE

マイ・ベストトラック。
UNIVERSE – Music Video / THREE1989

 

 

#6 Yogee New Waves 

メンバーの出身地は様々ですが東京を拠点に活動する4ピースバンド、ヨギー・ニューウェーブス。ファンクをベースに日本的なロック、ポップスのエッセンスが入った、どこかノスタルジックさを感じるサウンドが心地いい。

Yogee New Waves – To The Moon

Yogee New Waves – to the moon (Official MV)

Yogee New Waves – Summer Of Love

Yogee New Waves / Summer of Love (Official MV)

 

 

#7 ペンギンラッシュ

名古屋出身の男女4人組バンド、ペンギンラッシュ。ちょっと「シティポップ枠」ではないんですがこの曲イイ!てことでムリヤリ。

この全体に漂うリリカルでタイトな雰囲気はメインボーカルの望世によるものなのか…すごく文学的な薫りがするジャズファンク&ポップスといった趣です。

ペンギンラッシュ – アンリベール

ペンギンラッシュ – アンリベール (Official Music Video)

ペンギンラッシュ – RET

ペンギンラッシュ – RET (Official Music Video)

 

#8 Orangeade

横浜ってことで、港の見える街。黒澤鷹輔、佐藤望による音楽ユニット(プロフィールサイトより)、オレンジエイド

ジャズのエッセンスとJ-POPが合わさった新世代J-POPといったところで間口の広い聴き易いサウンドです。

Orangeade – 港の見える街

港の見える街

 

Orangeade – Green Lawns

Green Lawns

 

 

#9 LUCKY TAPES 

だいぶ有名でしょうか。各方面から注目の3ピースバンド、ラッキー・テープス。名前がイイですね、なんか。なんだか親しみが持てるというか、イメージだけなんですけどね。

でも名は体を表すじゃないですが、サウンドもやはりそうで、どの曲もスッと入っていって聴き込んでしまうような、包み込むような優しさのある曲が多いです。

LUCKY TAPES – Actor

LUCKY TAPES – Actor (Official Music Video)

LUCKY TAPES – 22

LUCKY TAPES – 22 (Official Music Video)

 

 

#10 HiRo.JP – A Long Time 

最後は思いっきり80年代シティポップっぽいやつを。島根県、出雲市にあるレーベル、Local VisionsからIseと亜沙美という2人の女性ボーカルをフィーチャーした80年代ライクなシティポップEP、「A Long Time」です。

リリース版は3曲のシティポップとミカヅキBIGWAVE等の日本のFutureFunk系アーティストが参加したフューチャー・ファンク3曲の計6曲の組み合わせ。

HiRo.JP – A Long Time 

Youtubeにはシティポップ3曲がレーベルからアップされていて、3曲ともいわゆる80年代シティポップのトレースですが、なかなか素晴らしい出来栄え!要チェック。個人的に3曲目”Last Month”が好み。

HiRO.JP – A Long Time

 

現代ジャパニーズ・シティポップ : まとめ

【洋楽にも合う!】 現代 ジャパニーズ・シティポップ特集でした。結構長くなりましたね(汗)。

それにしても80年代~90年代(それ以降も)あたりの洋楽R&Bの影響は絶大で、リアルタイムで聴いてきた世代がこうやって日本の音楽業界を引っ張って行っているということがよく分かった特集でした。

▼定番の現代シティポップ 女性シンガー 5選はこちら

【邦楽】麗しの現代シティポップ 女性シンガー 5選
ムーブメントというより、すでに定着しつつある「シティポップ」。今回は、現代シティポップをけん引する、第一線でキャリアを積んできた日本の 女性シンガー 5人(組)をお送りします。男性アーティストだけではない、女性アーティストによる現代シティポップの魅力を感じることができます。