Cool Million / グルーヴィ・ヨーロピアンディスコブギー

R&B
スポンサーリンク
Pocket

ドイツ人プロデューサー、Rob Hardt(ロブ・ハート)とデンマーク人プロデューサー、Frank Ryle(フランク・ライル)によるデュオ・プロジェクト、Cool Million(クール・ミリオン)。

80年代のシンセファンク、R&Bをベースとしたクラシカルなグルーヴ感とEugene WildeやGlenn Jones等のレジェンドを含む男女様々なボーカリストをフィーチャーしたストレートで軽快なブギーサウンドにどこかヨーロッパ的な煌びやかさを持ち合わせた、ヨーロッパ版「Tuxedo」といったところ。2008年から活動しているのでこちらのほうがTuxedoより先発ですが。

ヨーロッパ系ブギーサウンドでいえばSoulpersonaDogget Brothers、ジャジーなところではReel People、ちょっと強引ですがThe Jazzinvadersなんかとも近いものがありますねぇ。

2008年リリースの「Going Out Tonight」から11年経過し、2019年9月に5作目「Stronger」がリリースされていますが、相変わらずの強力なディスコブギーを初志貫徹なまでに貫いています。その「Stronger」を中心にレビューします。

 

スポンサーリンク

Cool Million : レビュー

Stronger feat. D-Train

アルバムタイトル曲でもありアルバムオープナーはいきなりのレジェンド登場!80年代に活躍したNYブルックリンのディスコ・ファンクグループからJames “D-Train”をフィーチャーした力強いモダンファンク!

Stronger

 

Queen Sugar feat. Jasmine Franklin

跳ねたミディアム・スウィングビートがどこか80年代後半を彷彿とさせながらも上物シンセの使い方やホーンフレーズがおしゃれさを演出するUKソウルっぽい作り。

Queen Sugar

 

Save Your Love feat. Boogie Back & David A. Tobin

伸びやかなストリングスと男性ボーカルがソウルフルな上質ヨーロピアン・モダンソウル。

Save Your Love

 

Keep On feat. Matthew Winchester

軽快で煌びやかなディスコブギー!彼ららしさを存分に味わうことができる一曲。

 

 

Summer Rain feat. Faye B

切なさのある女性ボーカルとトークボックスの組み合わせが80年代クラシカルだけど、現代的ポップさにも溢れているセンス抜群なミディアムチューン。女子ウケ間違いなし。

 

 

Making Love feat. Jeniqua

2010年のCool Millionの代表的なアルバム、「Back For More」から2曲。まずはMary Jane Girlsの「All Night Long」のベースライン風な雰囲気がなんだかんだと好きだったりする哀愁漂うR&Bチューン。

 

Back For More feat. Eugene Wilde

80年代R&Bのレジェンドをフィーチャーした彼らの代表作といってもよいモダン・ディスコブギーの傑作。

 

まとめ

燦爛煌びやか(大袈裟?)なグルーヴィ・ヨーロピアンディスコブギー、クール・ミリオンでした。「Tuxedo」好きは必聴!

SoulpersonaやDogget Brothersあたりも今後紹介していきたいと思います。