c l y n クライン / 荒涼と幻想が交錯する東京サウンド

スポンサーリンク
c l y nJ-POP
Pocket

2018年に結成し東京を拠点に活動する3ピースインディロックバンド、 c l y n (クライン)。

ベース&ボーカルEmi、ギターToshiki、ドラムNaoの男女3人構成によるバンドの音楽性はKhruangbinwashedoutRadioheadなどの影響を受けた、ザラつきのある荒涼としたサウンドと耽美な表現が織り交ざる世界観。

数多くのインディロックバンドの楽曲をリリースしている福岡拠点のインディレーベル、Dead Funny Recordsより3rdシングル『uranai』がリリースされMVもSPACE SHOWER MUSICより公開。

今後の活動に注目したい洋楽系ジャパニーズインディロックバンドです。

スポンサーリンク

c l y n クライン : レビュー

uranai

波のような穏やかさを感じるメロディーから、徐々に切望感のあるノイジーなギターを全面に押し出すことで未来への達観と微かな期待を表現しているような作品。ロケ地は湘南(鵠沼)のようです。

c l y n "Uranai" (Official Music Video)

 

What Do You Do

個人的に好み。グランジっぽいノイジーな雰囲気と単純だけどクセになるフレーズがイイですね。

 

荒涼と幻想が交錯する東京サウンド、c l y n (クライン)でした。

今後はアルバム制作やそれぞれのメンバーの別ユニット活動など幅を広げていくようですので注目です!