少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Electronic Jazz

エンドレスサマーなおススメ・ ラウンジミュージック 7選

更新日:

Pocket

寒い時期になってもやっぱり夏が恋しくなる、夏気分をたっぷり味わえるBGMにピッタリな、エンドレスサマーなおススメ・ ラウンジミュージック を特集します。

2019年リリース作中心に、オーガニックなものからエレクトロまで、ゆったりまったりとしたトロける系サウンドをご紹介しましょう。

<レビュー順>

#1 Emily Saunders / #2 Marcos Valle / #3 Maye / #4 Michael E / #5 Paul Seling / #6 53 Thieves / #7 Aldorande

 

 

#1 Emily Saunders - All As One (Summer Mix)

イギリスのフュージョン系ジャズボーカリスト、 Emily Saunders (エミリー・サンダース)の涼し気なスキャットが印象的なブラジリアンテイスト夏向けナンバー。

 

 

#2 Marcos Valle - Alma

ブラジルの大ベテランポップシンガー、Marcos Valle (マルコス・ヴァーリ)の最新アルバム「SEMPRE」より。いまだにバリバリ現役感、現在進行形なブラジリアンAORサウンド。プールサイドで聴きたくなります。

 

 

#3 Maye - Tú

これはおススメ。フロリダ州マイアミを拠点に活動する新人シンガーソングライター、 Maye (メイ)の白昼夢的な気怠くトロけるようなラウンジ・ボッサはまさに常夏。。。

 

 

#4 Michael E feat.Ashley Slater - Tropicalia

イギリスのエレクトロニカ・ラウンジプロデューサー、 Michael E (マイケル・イー)の白い砂浜と青い海が思い浮かぶようなトロける系ジャジーアンビエントな一曲。

 

 

#5 Paul Seling - Nightwalk

ルーマニアのエレクトロニカ/ダウンテンポ系プロデューサー、 Paul Seling (パウラ・セリング)の最新LP「Night Walk」より。ジャケがなぜか吉野家なんですが、他にも"The Ocean"、"3AM"、"Daydream"...とかなり夏系エレクトロラウンジが目白押しなアルバムです。

アルバム全曲試聴は↓から。

 

 

#6 53 Thieves - What You Do To Me

まだあまり情報がない男女デュオ、53 Thieves のデビュー作(だと思われる)、ローファイ・エレクトロなトラックと囁くような男女の歌声が甘く溶け合う甘美なエレクトロラウンジ。

 

 

#7 Aldorande - Beauty Island

フレンチ・ジャズファンクグループ、 Aldorande (アルドランド)の最新作。ロニー・リストンスミスのような70年代ジャズファンクを彷彿とさせるスペイシーなトラックとその上に浮遊する女性ボーカルが気持ちいいブラジリアン・コズミックな一曲。

 

 

まとめ

エンドレスサマーな ラウンジミュージック 7選でした。ゆったりまったりとトロけたい時のBGMとしていかがでしょうか!

 

こちらはおススメ、オーガニックジャズ特集。

 

-Electronic, Jazz
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。