Doja Cat / 次世代女性ヒップホップアイコンは彼女だ!

doja catHip Hop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカ、ロサンゼルスを拠点に2014年から活動する注目の若手ラッパー、 Doja Cat (ドジャ・キャット)。

読み方としては「ドジャ・キャット」で良いと思います。

牛に扮してポテトを鼻に突っ込むという暴挙(?)に出たMVが強烈な印象を残した”Mooo!“のスマッシュヒットにより一気に注目を浴びつつありますが、2014年デビュー時から結構実力的には充分で、それにここ最近の吹っ切れたキャラプラスされたことでもしかしたら2020年代の女性ヒップホップアイコンにもなり得るんじゃないかと期待しています。

2014年に「Purrr!-EP」、2019年3月に初のフルアルバム「Amala」をリリース。そして2019年11月に「Hot Pink」をリリースしていますが、この作品はよりアップデートしたDoja Catの魅力が詰まっていて、やはり次世代ヒップホップアイコンとしての地位を確立しそうな予感です。

というか、”Juicy”、”Say So”あたりを聴けば次世代女性ヒップホップアイコンは彼女だ!と言えるでしょう。そのくらいツボを押さえてますね。Doja CatとLizzoが2020年代の女性ヒップホップ界の中心になりそうですので、今回紹介している曲は是非チェックしておきましょう。

 

Doja Cat : レビュー

Doja Cat – Mooo!

2019年Amala(Delux Version)より。後述しますが、「Purrr!」の時には予想できなかった…このキャラで来るか!入れちゃったよ、鼻に。と思ったが意外にシックリくる牛猫娘。結果的に大成功。

Doja Cat – "Mooo!" (Official Video)

 

 

Doja Cat – Juicy

今のところ個人的なベストトラック。このドライブ感のあるトラックにDoja CatのラフなフローがハマっててGood。Lizzoの”Juice”、そしてDojaの”Juicy”と2019年はジュース祭りでした。

Doja Cat, Tyga – Juicy (Official Video)

↓はA COLORS SHOWバージョン。MV含めてこのなんかラフな感じが、こっちのほうが好き。

Doja Cat – Juicy | A COLORS SHOW

 

 

Doja Cat – Rules

最新作。「Hot Pink」からの先行カット。なんか段々とメジャーっぽくなってきましたね。

Doja Cat – Rules (Official Video)

 

 

Doja Cat – Say So

完全に狙ってます。メジャー制覇。といった感のあるヒット確実、クオリティの高いレトロモダンポップを出してきました!好きです。

Doja Cat – Say So (Official Video)

日本語カバーも出ています。なかなかイイですね。ところで彼女は誰?

【Rainych】 SAY SO – Doja Cat | Japanese Version (cover)

 

Doja Cat – So High

2014年「Purrr! – EP」より。この頃は今とはちょっとキャラ含めアプローチが違ったような気が。どちらかというとエレクトロ系に進むのかとなんとなく思ってました。

Doja Cat – So High (Explicit Version)

 

 

Doja Cat – No Police

こちらも2014年「Purrr! – EP」より。スペイシーなダウンビートトラックがクール。これはこれでカッコイイ。でも今の路線に行って正解。

Doja Cat – No Police (Official Audio)

 

まとめ

なんとなくイギリスのIAMDDBPrincess NokiaとシンクロするようなSNS、YouTube時代のフィメールラッパーですね。何度も言いますが、次世代女性ヒップホップアイコンは彼女で決まりです。

 

 

 


洋楽ランキング