少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Hip Hop Indie

Winston Surfshirt 注目のオーストラリアン・ファンクバンド

投稿日:

Pocket

オーストラリア、シドニー北部を拠点とするヒップホップ/ファンク/ソウル系バンド、" Winston Surfshirt "(ウィンストン・サーフシャツ)

元々はバンド名にもある通りマルチインストルメンタリスト/ボーカルのWinstonによるソロプロジェクトでしたが、Bustlip(ビートプログラム)、The Bone(トロンボーン)、Bik Julio(ベース)、 Dool (キーボード)、Mi-K(ギター/キーボード)の6ピースコレクティブで現在は活動中。

ボーカルのウィンストンは当ブログでも紹介した同郷、オーストラリアのバンド、Polographia"Sly"でボーカルフィーチャーされています。

Tame ImpalaやHaiatus Kaiyote等、オーストラリア音楽シーンが活況を呈している中で、新たにブレイクしそうなバンドとして注目を浴びていて、KCRWやBBC Radio1で取り上げられたりAppleが運営するBeats 1 RadioshowにおいてElton Jhonが彼らの曲、“Be About You”を演奏したことでも大きな話題になっていました。

音楽的には先述のとおりヒップホップ/ファンク/ソウル系ではありますが、彼らが語っている、“There’s a bit of soul, a bit of hip-hop, and ‘Beatlesy’ songwriting behind it.”と言ってたり、フェイバリットアーティストにAnderson Paak, Dorsal Fins, Jordan Rakeiを挙げているように、インディロックだったり、ややジャジーだったりと・・・言ってみれば今のオーストラリアシーンらしいアプローチなのではないかと思います。
出典;https://rollingstoneaus.com/music/post/future-is-now-winston-surfshirt/6437

 

Review(レビュー)

アルバムは「Sponge Cake」を2017年にリリース。今のところこの一枚のみ。

Elton Jhonの演奏により話題になった"Be About You" ソウルフルなサウンドとWinstonのファルセットがじつにグルーヴィ。

 

ヒップホップトラックな"Ali D"のスタジオライブ。コーラスには当ブログでも取り上げたWALLACEが参加しています!

 

メロウなインディR&B、"For Real"、A COLORS SHOWバージョン

 

Winston Surfshirt をボーカルフィーチャーしたオーストラリアのエレクトロニックデュオ、"Cosmo's Midnight"の"Get To Know"

 Winston Surfshirt(ウィンストン・サーフシャツ)でした。注目のオーストラリアシーンのアーティスト、これからもどんどん紹介していきたいと思います。

アルバム「Sponge Cake」の試聴はこちらから。


インディーズランキング

-Hip Hop, Indie
-, ,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。