Winston Surfshirt / 注目のオーストラリアン・ファンクバンド

Hip Hop
スポンサーリンク
Pocket

オーストラリア、シドニー北部を拠点とするヒップホップ/ファンク/ソウル系バンド、 Winston Surfshirt (ウィンストン・サーフシャツ)

元々はバンド名にもある通りマルチインストルメンタリスト/ボーカルのWinstonによるソロプロジェクトでしたが、Bustlip(ビートプログラム)、The Bone(トロンボーン)、Bik Julio(ベース)、 Dool (キーボード)、Mi-K(ギター/キーボード)の6ピースコレクティブで現在は活動中。

ボーカルのウィンストンは同郷、オーストラリアのバンド、Polographia“Sly”でボーカルフィーチャーされています。

Tame ImpalaやHaiatus Kaiyote等、オーストラリア音楽シーンが活況を呈している中で、新たにブレイクしそうなバンドとして注目を浴びていて、KCRWやBBC Radio1で取り上げられたりAppleが運営するBeats 1 RadioshowにおいてElton Jhonが彼らの曲、“Be About You”を演奏したことでも大きな話題になっていました。

音楽的には先述のとおりヒップホップ/ファンク/ソウル系ではありますが、彼らが語っている、“There’s a bit of soul, a bit of hip-hop, and ‘Beatlesy’ songwriting behind it.”と言ってたり、フェイバリットアーティストにAnderson Paak, Dorsal Fins, Jordan Rakeiを挙げているように、インディロックだったり、ややジャジーだったりと・・・言ってみれば今のオーストラリアシーンらしいアプローチなのではないかと思います。
出典;https://rollingstoneaus.com/music/post/future-is-now-winston-surfshirt/6437

 

アルバムは2017年「Sponge Cake」を、2019年に「Apple Crumble」をリリースしています。

 

スポンサーリンク

Review(レビュー)

Be About You

Elton Jhonの演奏により話題になった”Be About You” ソウルフルなサウンドとWinstonのファルセットがじつにグルーヴィ。

Winston Surfshirt – Be About You [Official Video]

 

 

NobodyLikeYou

2019年「Apple Crumble」より。切れと良いインディロック&ヒップホップはオルタナティヴな新鋭オージーサウンド。

Winston Surfshirt – NobodyLikeYou (Official Video)

 

 

Show Love

ギターカットとブラストーンが控えめながら曲全体の風景を鮮明にしていて、聴き終えてもずっと頭に残る印象的な曲。

Winston Surfshirt – Show Love (OFFICIAL VIDEO)

 

 

For Real

メロウなインディR&B、オーストラリア版Anderson .Paak的な歌とラップをシームレスに操るボーカルはやっぱりクール。

Winston Surfshirt – For Real | A COLORS SHOW

 

 

Cosmo’s Midnight – Get To Know

同郷エレクトロニックデュオ、Cosmos Midnightにボーカルフィーチャー。Kaytranadaっぽい跳ねるエレクトロビートのダンスチューン。

Cosmo's Midnight – Get To Know (Official Video) ft. Winston Surfshirt

 

 

まとめ

注目のオーストラリアン・ファンクバンド、 Winston Surfshirt(ウィンストン・サーフシャツ)でした。注目のオーストラリアシーンのアーティスト、これからもどんどん紹介していきたいと思います。

 

 


インディーズランキング