Leikeli47 / NYの気鋭マスキングラッパー

Leikeli47Hip Hop
Pocket

バージニア州で生まれ、NYブルックリン育ちのマスクスタイルラッパー、 Leikeli47 (レイケリ47)。

幼少の頃は内気で孤独でいじめられっ子だったが、自身で音楽を作ることを目指し2000年代初頭から機材のない中マイクを叩いてリズムを作りながら曲を作り始め、2009年頃からオンラインで自分の曲を公開し、2010年にセルフプロデュースの初期の名義でもあるミックステープ『LK-47, Pt.I』を(2012年Pt.3までの3部作)、2013年にはEP『The Flower Shop as Told by Brett Elway』を発表。

その活動はすぐに音楽業界で話題となりマディソン・スクエア・ガーデンでスクリレックスとディプロのオープニングアクトを務めるまでに至り、2015年にメジャーレーベルRCAとの契約を獲得、セルフタイトルEPとなる『Leikeli 47』でメジャーデビュー。

自身の楽曲もさることながら、Baauer 「Day Ones」Aluna George 「Mean What I Mean」Pussy Riot 「Straight Outta Vagina」といったEDM系アーティストとのコラボレーションでも、いわゆるNYヒップホップの枠組みよりも、EDMやUKグライムといった系統にサウンドにたたみかけるような実験的で鋭いライムが相性の良さを感じます。

2017年からは、黒人女性としての悲哀、力強さ、いままでの自身の経験を表現したビューティーセット3部作アルバム、2017年『Wash & Set』、2018年『Acrylic』、2022年完結編『Shape Up』がリリースされています。

それでは、話題のマスクラッパーLeikeli47をレビューしていきます。

スポンサーリンク

Leikeli47 : レビュー

2022年『Shape Up』より、iphone 13のCMでも起用されたトラック。独自の鋭くもどこかキュートなフロウが魅力的。

Leikeli47 – Chitty Bang (Audio)

 

こちらも『Shape Up』より、大胆にもNYのレジェンドラッパーの名前を冠した曲かと思いきや「Ladies Love Cool Jewelry」の頭文字ということで文字っています。

あれ、まさか顔出しされてます?いや、違いますね、多分。

Leikeli47 – LL Cool J (Official Video)

 

アメリカの人気コメディドラマ「Insecure」のサウンドトラックから。コミカルなバウンストラック個性的なフロウが〇。

Leikeli47 – Mulita (Audio)

 

2017年『Wash & Set』より。どの曲もそうですがメロディというものを極限に排したミニマムなトラックとそれに負けない個性が光っていてカッコイイですね。

Leikeli47 – Money

 

NYの気鋭マスキングラッパー、 Leikeli 47 (レイケリ47)でした。

サウンドもキャラクターも個性が光る、これから間違いなくもっとメジャーになっていくアーティストではないでしょうか。そろそろ覆面も卒業?かもしれませんね。