SakuraTaps Music_2022年6月プレイリスト_”Voice Of Afro”

プレイリスト_"Voice Of Afro"playlist
Pocket

当ブログのホームグラウンドである横浜桜木町、野毛にあるビアバー、SakuraTapsでは6時間半のプレイリストを毎月テーマを決めて作成しております。

お店のホームページはこちら。

Sakura Taps - CraftBeer & Coffee
横浜は桜木町、野毛の端っこでクラフトビールとコーヒーのバーがオープン!

2022年6月は”Voice Of Afro“と題し、ナイジェリア・アルテを中心に西サハラのハイライフ・ルーツの楽曲や南アフリカで今盛り上がっているハウスミュージック、「アマピアーノ」も少し入ったアフリカの音楽シーンのトレンドをお届けします。

ここではそのリストの中からハイライトしていきたいと思います。

スポンサーリンク

SakuraTaps Music_Playlist_Jun.2022_”Voice Of Afro”

現代アフリカ音楽シーンを世界に知らしめた、やはりこの曲無くしては語れません。
ナイジェリア発の音楽として初めてUSトップ100にランクインし、最高9位という快挙を成し遂げたナイジェリア・アルテアンセム!
WizKid – Essence (Official Video) ft. Tems

 

Jay-Z主宰のRoc-Nationに所属するナイジェリアン・アフロポップの第一人者。R&Bとアフロビートを融合させたサウンドと滑らかなボーカルとエレガンスな佇まいに魅了されること間違いなし。

Tiwa Savage – Tales By Moonlight ft. Amaarae

 

Atongo Zimba – Ti zaa tari sum la be-em

ガーナ出身のミュージシャン、Atongo Zimbaの2020年アルバム『Barefoot In The Sand』より。ジャズとアフロビートが優しく融合した心洗われる作品。

Ti zaa tari sum la be-em

 

ナイジェリアのシンガーソングライター、ラッパー、クリエイティブディレクター、のCruel Santino(クルーエル・サンティノ)。ナイジェリアアルテの進化系のようなエッジの効いたサウンド。カッコイイ!

Cruel Santino – I TOLD GUS I'M DREAMING [Official Visualizer]

 

ガーナとイギリスで活動するアフロビーツ、アマピアーノプロデューサー、Juls(ジュール)からの雰囲気抜群のアフロハウス。

Juls – SUMMER IN THE ENDS featuring Jaz Karis and George the Poet

 

ケニアのミュージシャン、Fancy Fingersのアルバム『Father Studies」より。家族をテーマにした幸福感溢れるハッピールンバ!

Fancy Fingers – Rhumba Toto (Official Music Video)

 

アフロ・フュージョン集団K.O.G & The Zongo Brigadeのリーダー。シェフィールドとガーナを拠点とするオルタナティブ・ミュージック集団、Zongo Musicの共同設立者でもあるK.O.G (Kweku of Ghana)の今年2月リリースの新作。ザ・アフリカですね。

K.O.G – Adakatia (Official Audio)

 

まとめ

ということで今回は、野毛のビアバー、サクラタップスのBGM、SakuraTaps Music_Playlist_Jun.2022_”Voice Of Afro“からピックアップしてご紹介しました。

横浜に来られる機会がありましたら、いつもよりも野性的なサクラタップスにも是非お立ち寄りください

ナイジェリアアフロポップ・アルテはこちらもチェック!

【 Nigeria Alté 】 いま注目の ナイジェリア・アルテ アーティスト 7選
【 Nigeria Alté 】 いま注目の ナイジェリア・アルテ アーティスト 7選 この新しいムーブメントには、"オルタナティブ"を意味する"アルテ"という言葉で語られており、多様なジャンル・スタイルで構成されています。今回はその"ナイジェリア・アルテ"シーンからサクラタップス音楽部が注目するアーティスト7人をご紹介します。
ナイジェリア・アフロポップ おススメ美人シンガー 6選【アフリカンビューティー】
アフリカ大陸の音楽シーンの中心にあり、ワールドワイドに注目されてきているナイジェリアミュージックシーンから、 ナイジェリア・アフロポップ を奏でる注目の美人アーティストたち6人をご紹介します。アフリカの大地を感じさせてくれる優しくも力強いボーカルによるアフロポップを聴いていきましょう!