【2020】 洋楽最新ジャズシーン おススメ7選【かっこいい】

洋楽最新ジャズシーンJazz
Pocket

今回は 洋楽最新ジャズシーン よりおススメ7選をご紹介します。

ジャズなんてよくわかんない、最新のジャズなんてとっつき難そう、なんて思う方もいるかもしれませんが、現代ジャズはもうあらゆるジャンルが混ざり合う、クロスオーバーな音楽としてもエンターテイメントとしても魅力的で、難しく文学的に考えなくても聴けるジャンルへと進化しています。

そんな世界の最新のジャズシーンからおススメ、そしてクールでファンクなものを厳選でお送りします。

 

スポンサーリンク

Tom Misch & Yussef Dayes – Nightrider (feat. Freddie Gibbs)

ロンドン激熱タッグ。天才ドラマー、Yussef Dayes(ユセフ・デイズ)と旬なギタリスト&トラックメイカー、Tom Mischのマッシュアップに、なんとMadlibとのタッグ等最近活動が活発なアメリカの激シブラッパー、Freddie Gibbs(フレディ・ギブス)が参戦!

今の旬なサウンドが凝縮されているおススメの一曲。

Tom Misch & Yussef Dayes – Nightrider (feat. Freddie Gibbs)

 

Jeff Parker – Go Away

ポストロックの代表的なバンド、Tortoise(トータス)のメンバーでいて、マルチなミュージシャン活動を展開するJeff Parker(ジェフ・パーカー)のジャズギタリストの側面。

前作『The New Breed』も傑作でしたが、2020年作『Suite for Max Brown』もヤバい!コレは絶対に買いのアルバムです!その中からMakaya McCraven(マヤカ・マクレイヴン)の疾走するドラムビートとジェフのギターが絡み合うファンキーチューン。

Jeff Parker – Go Away (Official Audio)

 

KOKOROKO – Carry Me Home

サウスロンドンジャズシーンの中でも脚光を浴びているカリビアン・アフロジャズな7人組ジャズグループ、KOKOROKO(ココロコ)。アフロビート全開な活気に満ちた灼熱のアフロジャズをご堪能あれ。

KOKOROKO – Carry Me Home

 

WVR BVBY – Custard Shoulder

オーストラリアジャズシーンから。メルボルンで活動する8人組ジャズグループWVR BVBY(発音はWar Baby=ウォーベイビー)。ミニマムでコズミックな作品がHiatus Kaiyote等のオーストラリア産ネオソウルに近しい部分があります。

こちらも静寂の中にタイトなアンサンブルが展開するクールジャズ。

Custard Shoulder

▼メルボルンジャズシーンおススメはこちら▼

【オーストラリア】 メルボルン・ジャズクロスオーバーシーン 注目の6アーティスト
早耳アンダーグラウンド系リスナーから高い支持を得ているオーストラリア、メルボルンのジャズ・クロスオーバーシーン。今回はサクラタップス音楽部的に注目したいアーティスト6組を取り上げてご紹介していきたいと思います。まだまだたくさんの才能が存在する特にこのメルボルンのシーンにおいては今後も要注目です。

 

Underground Canopy – Tony Sendo

フランス、パリで活動する5人組のヒップホップベースでエレクトロニック系のクロスオーバー・バンド、Underground Canopy(アンダーグラウンド・キャノピー)。Kamaal WilliamsTenderloniousあたりを彷彿とさせるクールなディープジャズファンク。

Tony Sendo

 

kassa Overall – La Casa Azul feat. Roy Hargrove

ジャイルズピーターソンも認める、ニューヨークジャズシーンからロバート・グラスパーに次ぐニューヨークの現代ジャズシーンを引っ張っていきそうな予感のするドラマー、Kassa Overall(カッサ・オーバーオール)。

2020年リリース『I THINK I’M GOOD』より2018年に急逝したRoy HargroveをフィーチャーしたNYシーンらしいモダニズム光る新世代ジャズ。カッコイイ!

La Casa Azul (feat. Roy Hargrove)

▼Kassa Overallの記事はこちら▼

Kassa Overall / NYの天才"バックパックジャズ"ドラマー
ニューヨーク・ブルックリンを拠点とするジャズドラマー Kassa Overall (カッサ・オーバーオール)。自らの音楽を"バックパック・ジャズ "と称する前衛的ニュージェネレーション・ジャズ。世界各地で起こっている強力なクロスオーバームヴメントのニューヨークからの最新回答を聴いていきましょう。

 

Ashley Henry & The RE:ensemble – Easter

再三ですが鉄板のロンドンジャズシーンから。サウスロンドンを代表するピアニストに成長したAshley Henry(アシュリー・ヘンリー)によるゴージャスさと繊細さが織りなす極上のジャズグルーヴ。大好きな曲です。必聴!

こちらはロンドンロックダウン中にジャズクラブでのトリオ編成による無観客セッション。素晴らしい内容。こちらも必見!

The Lockdown Sessions – Ashley Henry Livestream – 23/03/2020 – 18:00(GMT)

▼ロンドンジャズシーンはこちら▼

今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 5選
今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 注目の5グループを紹介します。アンダーグラウンドジャズ、アンダーグラウンドクラブミュージックなんていうと取っつきにくい、一部のマニアな人たちの音楽みたいですが、そんなことはありません。これであなたも現代ジャズシーン通です。

 

 

洋楽最新ジャズシーン おススメ7選 : まとめ

洋楽最新ジャズシーン よりおススメ7選でした。全曲捨て曲無し、おススメアーティストばかりですよ。今回ご紹介したアーティストを押さえておけば最新ジャズシーンのトレンドを掴めたも同然です!

是非ここから『掘って』みてくだい。誰でも簡単な掘り方はこちら。

今更聞けない 洋楽の探し方 【初心者でも洋楽を探すのは簡単です】
オシャレでカッコイイ 洋楽の探し方 ってどうやるんだろう...なんて思いませんか?結論から言ってとっても簡単で、サクサク新しい情報が手に入ります。実際に筆者も活用している方法です。簡単10秒ほどでサクサク探せますので活用してみてください。