Ambar Lucid / 急上昇中Latinxアメリカンポップスター

Ambar LucidPop
Pocket

ドミニカ人の母親とメキシコ人の父親を持つニュージャージー出身で若干19歳のシンガーソングライター、 Ambar Lucid (アンバー・ルーシッド)

ピアノ、ギター、ウクレレを独学で学び作曲15歳でオリジナルの音楽を書き始め、YouTubeを舞台にテクニックを磨き始めたという彼女。

父親がメキシコに強制送還されたりと、移民の子というバックグラウンドから様々な葛藤を乗り越え、好きな言葉が「私は宇宙に属している/私は誰にも属していない」という若くしてそのキャラクターから強く光る意志が感じられるアーティスト。Latinx(ヒスパニック・ラテン系の意)アメリカンポップスターとして急上昇中です。

彼女のアイドルでもあるKali Uchisと共にLatinxアメリカンのR&B、ポップシーンをけん引する存在になりそうですよ。

Kali Uchis(カリ・ウチス)の記事はこちら。

Kali Uchis / メジャーの階段昇るコロンビア生まれのニュースター
コロンビア生まれでヴァージニア出身のシンガーソングライター、 Kali Uchis (カリ・ウチス)。 メジャーデビューアルバム『isola†ion』は曲もゲストもなかなか強力な内容になっていて、その道のトップランナーたちをゲストに迎え、メジャーアルバムとしてかなりクオリティの高い内容に仕上がっています。

アルバムは2019年『Dreaming Of Lucid』、2020年『Garden Of Lucid』をリリース。ときに英語、ときにスペイン語のバイリンガルな内容。

スポンサーリンク

Amber Lucid : おすすめレビュー

Ambar Lucid – Story to Tell

ラテン版ビリー・アイリッシュ!と言いたくなるような若々しさと存在感。レゲエダンスホールのビートをアレンジしたポップなサウンドも魅力的。

Ambar Lucid – Story to Tell (Official Video)

 

Ambar Lucid – Questioning My Mind

おススメ。スペイン語だけどスペイン語を感じさせない、というのか、アンバーの伸びやかなボーカルと上質なオルタナティブR&Bの組み合わせが実に気持ち良いBGMプレイリストに必須の作品。

Ambar Lucid – Questioning My Mind

 

Amber Lucid – Universe

きらびやかでスピーディに展開していくトラックは、Tame ImpalaやSteve Lacyのようなインディロック。

Universe

 

Ambar Lucid – Eyes

力強いボーカルがGOOD!

Ambar Lucid – Eyes (Official Video)

 

Amber Lucid : まとめ

急上昇中のLatinxアメリカンポップスター、Ambar Lucid (アンバー・ルーシッド)でした。楽曲的には結構幅広く、R&Bからインディロック、インディフォーク、レゲエまでも操りながら、ちゃんと自分のものになっているところが素晴らしい。Kali Uchisとの共演も観てみたいですね。