Level 42 / UKフュージョンポップシーンのトップランナー

Level 42Pop
Pocket

Mark King(ベース、ボーカル)、Phil Gould(ドラム)、Boon Gould(ギター)、Mike Lindup(キーボード)を中心に、1979年に結成されたイギリスを代表するフュージョンポップバンド、 Level 42 (レヴェル・フォーティートゥー)。

当初はAtmosfear、Light of the Worldや初期のIncognitoなどと並ぶブリット・ファンク・グループの位置づけでタイトなジャズ・ファンク・フュージョンをリリースしていましたが、レコード会社の意向もありボーカルを加えるスタイルに移行。

1980年ファースト・シングル「Love Meeting Love」、1981年セルフタイトル・ファーストアルバム『Level 42』をリリース。

その後SadeThe Style Councilといった当時の洗練されたブリットソウル、ポップにフュージョン・ジャズを取り入れたサウンドを確立し、1985年の6枚目のアルバム『World Machine』において世界的ブレイクに成功。

Lessons in Love“、”Something About You“という彼らの代表作を生み出した。

その後はGould兄弟(ドラム/ギター)の脱退や入れ替えなどがあり、最終的にフロントマンのMark Kingのみがレギュラーメンバーで、マークの弟ネイサン・キングの参加など都度メンバーを入れ替えながらも現在に至るまでレコーディングやツアーを精力的に行っています。

ではそのLevel42から代表作を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク

Level42 : レビュー

説明不要の鉄板代表作その1、Mark Kingのスラップベースとボーカル、サビへの展開が秀逸な80年代を代表するフュージョンポップ。

Level 42 – Lessons In Love (Official Music Video)

 

説明不要の鉄板代表作その2、当時のUKポップの雰囲気を感じるシンセ使いやブレイクのギターソロが印象的。

Level 42 – Something About You (Official Music Video)

 

Starchild

デビューアルバム『Level 42』より。初期のブリットファンク・フュージョングルーヴが残る傑作。

Starchild

 

前述アルバム『Level 42』がイギリス国内トップ20ヒットしたことで最初期楽曲のリイシュー集『The Early Tape』がリリースされ、その中から、こちらもタイトなジャズファンクインストルメンタル。初期のインコグニートみたいでカッコイイですね。

Sandstorm

 

Sirens (John Morales Mix)

2013年作。レジェンドDJ、John Moralesをミキシング・プロデューサーに迎えたLevel 42らしいグルーヴ感に煌びやかなレトロ・ダンスエッセンスが加わった秀作。

Sirens (John Morales Mix)
Level 42 – Sirens (Sirens Tour Live 5.9.2015)

 

UKフュージョンポップシーンのトップランナー、 Level 42 (レヴェル・フォーティートゥー)でした。

デビューから40年以上たった今でも精力的に活動しており、9/3にはビルボード東京でのライブも決定しています。オールドファンからジャズファンクファンまで魅了するステージになりそうです!

レベル42|イベント詳細|ビルボードライブ東京|Billboard Live(ビルボードライブ)
ジャズ/ファンクやワールド・ミュージックの流れを昇華し、洗練されたポップスで80sメインストリームを...