Feng Suave / オランダ発のチルなサイケポップデュオ

feng suaveIndie
スポンサーリンク
Pocket

オランダ、アムステルダムをベースに活動するソングライター、プロデューサーのDaniel De Jong(ダニエル・デ・ジョン)とDaniel Elvis(ダニエル・エルヴィス)によるサイケポッププロジェクト、 Feng Suave(フェン・スアーブ)。

2017年の終わりにSpotifyを中心にいくつかのトラックをドロップした後、徐々に話題となり、YouTube、Soundcloud、Instagram等SNS上で300万以上のオンラインプレイを記録。

そのサウンドは、ゆるやかなシンセのうねりとローファイなビート、そして二人のチルアウトなボーカルが融合した、非常にディープで静寂に満ちたギターポップ。

60年代から70年代のサイケデリックなポップ、ソウルを彷彿とさせるそのディープなサウンドを聴いてみましょう。

 

スポンサーリンク

Feng Suave : おすすめレビュー

Feng Suave – Maybe Another Time

ウォーム&スムース!素敵な70年代レトロポップ&ソウル。

Feng Suave – Maybe Another Time (Official Video)

 

Feng Suave – Venus Flytrap

Maybe Another Time“をより深化させた、60年代から70年代のサイケポップ、リバーブサウンド。家でまったりと寛ぐBGMとしてもおススメ。

Feng Suave – Venus Flytrap (Official Video)

 

Feng Suave – Sink into the Floor

クールなギターサウンドとドリーミーで叙情的なボーカルメロディに深く溺れていくサイケデリック・ソウル。個人的におすすめソング。

Feng Suave – Sink into the Floor

 

Feng Suave – I’m Warping Here

2020年新作。60年代ポップソングをベースにエフェクトされたギターが随所で光るサイケデリックサウンド。

Feng Suave – I'm Warping Here (Official Audio)

 

Feng Suave : まとめ

オランダ発のチルなサイケポップデュオ、Feng Suave(フェン・スアーブ)でした。家でまったりと聴くのにも良さそうなサウンドですね。

なかなかディープな世界観のサイケポップですが、オーストラリアの人気サイケロックバンド、Tame Impalaからの影響を受けているそうです。なるほど。