Vinyl Williams / 天空のネオサイケデリア・ポップ

Vinyl WilliamsIndie
Pocket

ロサンゼルスを拠点に活動するアーティストLionel Williams (ライオネル・ウィリアムス) によるサイケデリック・ポッププロジェクト、 Vinyl Williams (ヴァイニール・ウィリアムズ)。

Lionel Williams祖父は著名な映画音楽作家、(屋根の上のバイオリン弾き、未知との遭遇(の有名なあの5音符通信信号も)、スピルバーグ作品やスターウォーズシリーズなどなど)John Williamsで、父親と母親はセッションドラマーとピアニストという音楽一家のサラブレッド。

2007年Lionel Williamsのソロとして活動を開始し、2010年EP『Naked Sanctuary』でデビュー。2011年からIan Gibbs (keys & guitar) 、Billy Winger (bass)、James Lake (drums)と共に4ピースバンドとして活動開始。

2012年1stアルバム『Lemniscate』から計6枚のアルバム、最新では2022年8月22日に6作目『Cosmopolis』をリリースしています。

自身が「Celestial Pop」と表現する音楽性は、ネオサイケデリア、シューゲイザー、ドリームポップ、チルウェーヴが入り混じったローファイなアナログノイズと美しいメロディに包まれたレトロフューチャーサウンド。

Toro Y Moi、Unknown Mortal Orchestra、Temples、Mount Kimbieなどとの交流も多く、2ndアルバム『Into』や3rdアルバム『Brunei』はToro Y Moiが主宰するCompany Recordsからリリースされています。

それでは、6作目『Cosmopolis』を中心に聴いていきます。

スポンサーリンク

Vinyl Williams : レビュー

レトロ感と現代ドリームポップが融合したような美しいサウンドと青々としたボーカルによる天上ポップ。

Vinyl Williams – Exopalace

 

60年代サンシャイン・ポップの影響を感じさせるヴァースと幻想的なハーモニーが心地よいパラレルワールド。

Modern Arch

 

ローリングするドラム、浮遊するシンセ、スペイシーなボーカルが絡み合うネオサイケデリア。

Vinyl Williams – Probable Cause

 

2015年のライヴパフォーマンス。一貫した「Celestial Pop」の世界観ですね。

Vinyl Williams – Full Performance (Live on KEXP)

 

天空のネオサイケデリア・ポップ、Vinyl Williams (ヴァイニール・ウィリアムズ)でした。

祖父や両親とはまた違った音楽性ですが、彼のいう「Celestial Pop」=天空のポップをデビューからずっと貫いている感がありますね。

また、アートワークとしての才能も発揮しており、自身のアルバムはもちろん、Unknown Mortal OrchestraのMV制作や他のアーティストのカバーアート制作などマルチな才能の持ち主でもあります。