Jose James / 現代ジャズボーカルのカリスマ

jose jamesJazz
スポンサーリンク
Pocket

ジャズ、R&B、ソウル、ドラムンベースを融合させたヒップホップ・ジェネレーションのジャズシンガー、現代ジャズボーカルのカリスマとして君臨するニューヨークのボーカリスト、 Jose James (ホセ・ジェームス)

現代のGil Scot-Heronのような、渋くセクシーな歌声で今やブルーノートレーベルの看板歌手として活躍しています。日本にも今年2月にビルボードライヴ東京で、黒田卓也(Trumpet)、大林武司(Keyboards)、 Nate Smith(Drums)、Ben Williams(Bass)という素晴らしい布陣を引き連れて来日講演していますね。

 

活動は2008年にGilles PetersonのBrownswoodレーベルのバックアップでデビューアルバム「Dreamer」をリリース。ジャズ、エレクトロ、ソウル、ポップスを融合させたオルタナティブな作品が世界的に話題となり、その後も数々のアルバムリリースと共に、JazzanovaやNicola Conte、日本のDJ MITSU THE BEATSやSoil & “Pimp” Sessionsとも共演しています。

影響を受けたアーティストとしてジョン・コルトレーン、マーヴィン・ゲイ、ビリー・ホリデーなどを挙げており、実際にビリー・ホリデーのトリビュートアルバムを作成したりしていますが、今年2018年にリリースされたアルバムはBill Withersのトリビュートアルバムで、その名もBill Withersの名曲から「Lean On Me」。

Bill Witherの記事はこちら。

Bill Withers / 【追悼】永遠に語り継がれる名曲達を聴こう
マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハザウェイ、カーティス・メイフィールド、スティービー・ワンダーらとともに、ニュー・ソウルムーブメントの旗手として1970年代を代表するシンガーである、 Bill Withers (ビル・ウィザース)。 アメリカ現...

 

バックバンドはPino Palladino  (bass), Kris Bowers  (keys), Brad Allen Williams  (guitar), Nate Smith  (drums),Marcus Strickland (sax),黒田卓也 (Trumpet),ゲストボーカルにLalah Hathawayとこれまた豪華!ホセのスモーキーなボーカルにこのバックバンドでBill Withersの名曲が蘇る!ときいただけでワクワクしますね!

 

スポンサーリンク

Discography

The Dreamer (2008)

Blackmagic (2010)

Jose James & Jef Neve – For All We Know (2010)

No Beginning No End (2013)

While You Were Sleeping (2014)

Yesterday I Had the Blues: The Music of Billie Holiday (2015)

Love in a Time of Madness (2017)

Lean On Me (2018)

 

Jose James : Review(レビュー)

 Jose James – Lovely Day feat. Lalah Hathaway

誰もが知ってるBill Withersの名曲その①

José James – Lovely Day ft. Lalah Hathaway

 

 

Jose James – Use Me

誰もが知ってるBill Withersの名曲その②。オリジナル72年作。初期の名作をクールに歌い上げています。Nate Smithのドラムワークも素晴らしい。

José James – Use Me (Audio)

 

 

Jose James – Just The Two Of Us

誰もが知ってるBill Withersの名曲その③。ビル・ウィザースのオリジナルにはないスモーキーなTwo Of Us

Just The Two of Us

 

 

Jose James – Ain’t No Sunshine

誰もが知ってるBill Withersの名曲その④、こちらもジャジー&スモーキーにカバー

José James – Ain't No Sunshine (From Pier 59 Studios, NY)

 

 

Jose James – EveryLittleThing

アルバム”While You Were Sleeping”より。まったくアプローチの違うエレクトロニック作品

José James – EveryLittleThing

 

 

Jose James – Love

おススメ。アルバム”Dreamer”より。エレガントなジャジートラックとホセのシブいボーカルが見事にマッチ。

Love

 

まとめ

そのセクシーでスモーキーな歌声で、現代ジャズボーカルのカリスマとして君臨する José James (ホセ・ジェームス)でした。

ちょうどこれから秋~冬にかけてはやっぱりホセの歌声が恋しくなる季節ですね。